杏、CMオファー激減!?東出・唐田不倫で受けた「3つのとばっちり」!

拡大画像を見る

 2月18日、女優の杏(33)が、都内で行われた文化庁主催「文化プログラム参加促進シンポジウム」に出席した。

 夫で俳優の東出昌大(32)と女優の唐田えりか(22)の不倫が原因で、夫婦別居が明らかになってから初めて、杏は公の場に登場。

 杏はイベント終了後、舞台を降りるタイミングで取材陣の問いかけに応じ、「みなさんをお騒がせしてしまって、いろんな方にご迷惑をおかけしてしまって、申し訳ないです」と騒動について謝罪し、「今後のことはゆっくり考えていきたいと思っております。小さな子どもたちがおりますので、そっとしておいていただけたらと思います。何か決まりましたら、自分のほうからもご報告させていただきます」と語った。

「不倫が報じられた東出は、CMの降板やドラマの撮影現場でも居場所がないなど、仕事に大きな影響が出ています。ただ、何も悪いことをしていない、むしろ一番の被害者でもある杏さんの仕事にも、今後影響が出てきそうなんです……」(女性誌記者)

 杏はこれまで“良妻賢母”、“夫婦円満”といったイメージが強く、そういったイメージを重視する大手クライアントからのCM以来やイベント出演オファーが殺到していた。ところが、今回の不倫騒動でそのイメージが一変してしまい、特に“幸せな家庭生活”をイメージを重視するメーカー各社が、杏へのオファーをためらっていると、2月25日発売の『女性自身』(光文社)では報じている。

「東出の不倫のせいで、自分自身のCMオファーも減ってしまうなんて、杏さんにとってみれば、とんでもないとばっちりですよね。ただ、それだけではありません。今回の東出の不倫で、杏さんの父親で俳優の渡辺謙さん(60)が過去に不倫していたという話題も蒸し返されてしまいました」(前出の女性誌記者)

■CM、家族、演技……

 1月30日発売の『女性セブン』(小学館)では、東出と唐田の不倫について、都内で買い物中の渡辺に直撃取材している。

 渡辺は直撃に対して、険しい顔で終始無言をつらぬき、記者の「一言もいただけませんか?」という問いに黙ってうなずいたという。

「東出のせいで“渡辺家”に不倫イメージを持たれてしまい、さらには杏さんも含めて、“不倫体質家系”なのではという見方もされかねない。

 また、“幸せな妻”を演じるホームドラマやコメディ作品では、杏さんをキャスティングするのが難しくなっていると『女性自身』では報じていますが、その逆の“不倫する役”、“不倫される役”、“鬼嫁役”などへのキャスティングも難しくなるのではないでしょうか。

 もちろん、杏さんは朝ドラにも主演するなど、日本を代表する本格派女優ですから、オファーがあればどんな役も演じることができる。ただ、視聴者が俳優や女優の役柄に私生活を重ねてしまうため、オファーする側が躊躇してしまう可能性がある。しばらくは女優として役の幅も狭められてしまうかもしれません」(前同)

 東出と唐田の不倫は、杏の仕事、さらには父親の渡辺謙にも大きく影を落とすことになりそうだ……。

関連リンク

  • 2/29 7:14
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます