【注意喚起】トイレットペーパーや生理用品は買いだめの必要なし! コロナウイルスの影響で品薄になるという情報はデマ

拡大画像を見る

新型コロナウイルス対策でマスクが品切れになっているなか、全国各地でトイレットペーパーや生理用品の買い占めが起きている模様。フリマサイトなどでは転売もみられます。

発端となったのは、ネットに書かれた「マスクとトイレットペーパーが同じ原料で作られているから品切れになる」といった情報のようです。

しかしこれはデマ。買い占めに走ったり、転売品を買ったりしないよう、注意するようにしましょう。

【トイレットペーパー生理用品も生産体制に問題なし】

不安な状況の中、不確実な情報が拡散された結果起こってしまった、今回の事態。

生理用品の生産状況について、 Pouch編集部 が大手日用品メーカーに問い合わせたところ、

「たしかに大元の原料という点では同じかもしれませんが、マスクの影響でナプキンの生産が止まるようなことはありません」
「いまのところ特に生産については問題ありません」

という回答をいただきました。

また、NHKニュースの報道によると、トイレットペーパーの業界団体である日本家庭紙工業会は

「現在、在庫は十分にあり、生産体制も問題ないので新型コロナウイルスの影響で品切れになる心配は全くない」

と回答したとのこと。

【在庫は十分にあるので冷静に】

つまりは、トイレットペーパーも生理用品も在庫は十分にあるということ。デマのせいで一時的に店頭で品薄になっているだけのようです。

生理用品もトイレットペーパーも生活必需品なので不安を感じるかもしれませんが、冷静な対応を。繰り返しになりますが、慌てて買いだめに走ったり、転売品を買ったりしないように注意しましょう。

参照元:NHKニュース
執筆:田端あんじ
Photo: (c)Pouch

関連リンク

  • 2/28 18:45
  • Pouch

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます