【海外競馬】カントリーハウスが蹄葉炎で引退 昨年のケンタッキーダービーを繰り上がりで勝利

拡大画像を見る

 昨年のケンタッキーダービー(米G1)を制したカントリーハウス(牡4、米・W.モット厩舎)が蹄葉炎のため、現役を引退することがわかった。米競馬メディア『BLOOD HORSE』などが現地時間14日、報じた。

 カントリーハウスは父Lookin At Lucky、母Quake Lake、その父War Chantという血統。

 昨年のケンタッキーダービーで2位入線し、1位入線マキシマムセキュリティ(牡4、米・J.サーヴィス厩舎)の降着により、繰り上がりで勝利。その後に蹄葉炎を発症したため、療養していた。通算成績は7戦2勝。

関連リンク

  • 2/15 14:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます