米高官「がっかりだ」中国が米国専門家の招待を拒否 感染情報の不透明さにも苦言

拡大画像を見る

米トランプ政権の国家経済委員会ラリー・クドロー(Larry Kudlow)委員長は2月13日、新型肺炎COVID19が蔓延する中国に、世界保健機関(WHO)調査団の中に米国の専門家たちを組み入れることを拒んだことに「がっかりだ」と述べた。大統領府で記者団に答えた。


米国は、米国疾病管理予防センター(CDC)の専門家を派遣することを中国に提案していた。「米国で最も聡明な人々を送る計画は、アジール保健長官と大統領がオーバルオフィス(大統領執務室)で会議した結果と推測する」「公衆衛生チームの一部の専門家たちはかなり失望している」と述べた。


クドロー委員長はまた、中国から発信された感染情報について「透明性を欠いている」とし、「少し失望している」と話した。


トランプ米大統領は、中国の習近平国家主席との電話会談で、中国の感染拡大への対応策を支持すると述べた。しかし、クドロ委員長は、未解決問題が多く、中国が両国間で合意した「公開性」に関する協力の兆しは見えないと述べた。


「国連とWHOが協力してくれることを望んでいるが、中国は私たちに許可を出さなかった。動機は分からない。私たちがただ知っているのは、多くの人が苦難の中にいるということだ」


同日、米メディアCNBCは、米行政当局の高官の話として、米国は中国からの(ウイルスに関する)情報には高い信頼を置いていない」と伝えた。この当局者はまた、中国が米国からの援助要請を拒否し続けていることにも言及した。


(翻訳編集・佐渡道世)

  • 2/15 16:00
  • 大紀元

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます