シメオネ監督、2度のリードを追いつかれるも前向き「素晴らしい試合だった」

拡大画像を見る

 アトレティコ・マドリードのディエゴ・シメオネ監督が、リーグ戦について語った。15日付けでスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 14日にアウェイで行われたリーガ・エスパニョーラ第24節バレンシア戦を、2-2で引き分けたアトレティコ・マドリード。2度にわたってリードを奪いながらも勝ち点1に終わったシメオネ監督だが、試合後のインタビューでは前向きなコメントを残している。以下のように語った。

「素晴らしい試合だった。それぞれのチームが、それぞれの方法で勝利を目指していたね」

「2度のリードを追いつかれたけど、内容は良かったと思っている。もちろん勝てなかったこと対して満足はしていないが、比較的良い気分でホームに帰るよ」

「セットプレーで2失点を喫したが、チームの特性は常に変化している。守備だけでなく、攻撃もそうだ。しっかりチームを形成していきたいね」

 アトレティコ・マドリードの次戦は18日、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でホームにリヴァプールを迎える。

関連リンク

  • 2/15 15:10
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます