観光客が消えた! 京都がえらいこってす!! 並ばない清水寺、すいすい歩ける祇園や嵐山、何時代にタイムスリップしたのん!?(写真付き)

 

がら空きの公共交通 あの家電量販店も……

 

新型コロナウイルスの感染拡大が、古都・京都の観光に大打撃を与えている。近年のインバウンドの影響で年中、季節を問わず、街中には外国人観光客があふれていた。市内観光の足ともいえる市バスは、観光客でごった返し、地元住民が乗る隙間もないほどだった。タクシーに乗れば「お客さん、またバス乗れませんでした?」、「ほんまにすごい人やわぁ。いつまで続くんやろうねぇ」と、運転手と会話を交わすのが日常であったのに…。

 

参考記事:人が来ない… 古都チェンマイが危ない! コロナウイルスで中国人観光客がゼロになる? すでに中国人を見かけなくなったタイ国内 | TABLO

 

しかし、コロナウイルスが蔓延して以降、京都の観光地は閑散とし、交通機関が混み合うこともなくなった。すいすいと歩ける祇園界隈や嵐山、ゆっくり見られる清水寺。ここ数年では考えられない状況だ。

とりわけ、中国人観光客が群を成して訪れていた駅前の家電量販店はガラガラ。筆者の友人は「久しぶりにマッサージコーナーでチェアのお試しできたわぁ」と、いつもならとんでもない混み具合を見せる場所を皮肉たっぷりに揶揄していた。

 

宿泊業も死活問題 キャンセルに嘆く

 

ゲストハウスを運営する友人は、この惨状を嘆く。「2月は比較的、閑散期ではあるけれど、昨年までは中国からの予約は多かった。今年はキャンセルも含めて新規の予約はほぼない。今入ってくる予約は4月以降。欧米の方が中心。このままだと事業としても厳しくなる」。

ただし、観光に関わりのない住民からは「やっとゆっくり過ごせる」「道路もバスで渋滞せえへんしええわ」なんて声も聞かれる。

観光客が多すぎても困るし、少なすぎても困る京都。春の観光シーズンを前にどうなることか。住民にとっては穏やかな日々が、観光業にとっては不安な日々が続く。(取材・文◎東山みなみ)

 

あわせて読む:人がいない…! 新型肺炎でビーチリゾートから中国人が激減! 閑散とした姿に衝撃(動画付き) | TABLO

 

関連リンク

  • 2/15 14:44
  • TABLO

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

8
  • 昨年、山梨県の忍野八海に行ったがほとんど中国人だった。現地の店も中国人観光客頼みで中国人に媚びへつらってて反吐が出そうだった。 今回の感染症騒動はある意味良い機会でもある。いい加減目を覚ましチャイナマネーから脱却した方が良いね。世界的に。

  • …ず…

    2/16 5:29

    今がチャンスということね( ・ε・)

  • ねこまた

    2/16 4:02

    『年一日だけでええから観光客出入り禁止の日を作って欲しい』 といっていた友達が、 『今までが異常すぎやった、観光地としたって今くらいでちょうどええ』 と言っていたぞ。

記事の無断転載を禁じます