カズレーザー「健康診断のついで」に薬物の尿検査受ける

拡大画像を見る

14日、テレビ各局の情報番組は覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕された槇原敬之容疑者のニュースに長い時間を割いて、歌手としてのこれまでの軌跡や1999年8月に覚せい剤取締法違反で逮捕され懲役1年6か月・執行猶予3年の判決を受けたこと、その後2000年に活動を再開し今年はデビュー30周年の期間中でニューアルバムの発売やコンサートツアーが予定されていたことなどを詳しく伝えていた。

お笑いコンビ・アンガールズの田中卓志は、レギュラー出演する『バイキング』(フジテレビ系)で「うちの事務所(ワタナベエンターテインメント)はもうタレント全員、薬物検査とかやりました」と明かした。ワタナベエンターテインメント所属の落語家・立川志らくもMCを務める『グッとラック!』(TBS系)で、アカペラグループ・RAG FAIRの土屋礼央もレギュラー出演する『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)で抜き打ちの薬物検査を受けたことを明かしている。田中は検査結果について“問題無し”と胸を張り、土屋は「(抜き打ち検査)を定期的にやることで抑止力になる」と話していた。

そんななか、カズレーザーが自身のツイッターで「保険の関係で健康診断受けたので、ついでに薬物の尿検査を受けてきました。陰性」と報告。文面から推測すると、自主的に受けたようである。このツイートに『カズレーザー(kazlasersub)ツイッター』のリプライ欄には「全芸能人が薬物の検査を受けて欲しいと思う。流石はカズレーザーさん!」「芸能人の鑑ですね!」「ついでで受けるのは、世界であなた一人です」「良かったねw 健康診断の結果も異常なしだといいね」など彼の行いに感心する声が寄せられている。
(TechinsightJapan編集部 みやび)

関連リンク

  • 2/15 13:50
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます