ドライブスルーで「後ろの人の分も払わせて」といってきた客 続く展開に、仰天!

拡大画像を見る

Instagramのフォロワーなどから寄せられた、心が和むエピソードを漫画で描いている、中山少年(nakayama_syonen)さん。

アメリカのマクドナルドで起きた出来事を漫画化し、多くの反響を呼んでいます。

ある日、マクドナルドで長年働いている店員が、ドライブスルーの清算を担当する窓口に立っていると…。

アメリカのマクドナルドで起きた『優しさの連鎖』

「後ろに並ぶ客の分も支払いたい」と伝えてきた、1人の客。店員がいう通りにすると、なんと次に並んでいた客も同じような申し出をしたのです!

結果、店員が窓口に立っていた間、その行いは途切れることなく、250人以上の客にわたって続いたといいます。

【ネットの声】

・アメリカ人のこういうところが大好き!

・泣けてくる。こういうのがサラッとできるなんてかっこいいなぁ。

・私もカナダのファーストフード店で働いていて、こういうのを見かけたことがあるけど、250人も続くのはすごい。

ちなみにこちらのエピソードは、2015年のもの。海外メディア『ABC NEWS』などでも取り上げられ、多くの人の心に残るエピソードとして語り継がれています。

自分以外の誰かに「ちょっとした幸せをプレゼントしたい」という想いがつないだ、優しさのバトン。自分の損得ではなく、心からの好意による行動は、誰かの心を動かすのだと実感させられますね。

[文・構成/grape編集部]

出典 nakayama_syonenABC NEWS

関連リンク

  • 2/15 12:54
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

4
  • あきひろ

    2/16 8:51

    さすがアメリカ。

  • 玉葱

    2/16 8:15

    …いや…だったら自分で払おうぜ…。

  • トリトン

    2/15 15:56

    ドライブスルーって買ったことないけどポテトなんか家に帰る頃には不味くならないのかな?中で食べた方が良いような持ち帰りしなければいけない時もあるとは思うけど。

記事の無断転載を禁じます