アンジャッシュ渡部、低迷YouTubeのテコ入れにアノ人の降臨を望む声!

拡大画像を見る

 キングコングの梶原雄太やオリエンタルラジオの中田敦彦に続けとばかりに、YouTubeに参入する芸人たちの姿が目立つ昨今。闇営業問題から復活したあの雨上がり決死隊の宮迫博之もYouTuber転身に対して批判的な意見も殺到したものの、チャンネル開設から約2週間でチャンネル登録者数50万人を突破する大成功を収めている。
 
 そんな中、バラエティ番組「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)で、かつて宮迫と共演していたアンジャッシュの渡部建も昨年12月にYoutuberデビューを果たしているのだが、これが大苦戦を強いられている。
 
 渡部は自身の得意ジャンルである高校野球や恋愛術、グルメに関する知識を披露する1人喋り動画をメインにアップしているが、開設からもうすぐ2カ月を迎えようとしているものの、チャンネル登録者数は約7400人、再生回数も平均で2000回程度と伸び悩んでいる。

「YouTubeでもテレビ番組同様にそのトーク力の高さを見せつけており、話も分かりやすいため、そのジャンルに興味があるという人にとっては見応えがある動画に仕上がっていると感じますが、伸び悩む原因があるとすれば、渡部自体に関心を持つ人が少ないということでしょう。宮迫のチャンネルでコラボした人気YouTuber・レペゼン地球のDJ社長も、YouTubeにおいて知名度と人気は比例しないと話していましたが、まさにその顕著な例と言えます」(エンタメ誌ライター)

 そんな渡部の悲惨な現状に対して、ネット民からは「さすが世界の渡部(笑)」「渡部って、数字持ってないんだね」「これはねづっちの再来かな」など、5年以上ほぼ毎日のペースでなぞかけ動画をアップするも、再生回数はほとんどが1000回に満たない不人気YouTuberのねづっちと同列に並べたりと、小馬鹿にする声が目立っている。

「ねづっちの場合、再生回数はあまり気にしておらず、ネタ帳感覚で動画を投稿しているようですが、渡部の場合は数字を狙いにいっていることがバリバリ伝わってきますから、なおさら失笑されている状態です。そんな渡部がYouTuberとして跳ねる手っ取り早い手段として『嫁を動画に出せば一発だろ』『黙って佐々木希を出してくれ』など、妻の佐々木希を出演させてほしいといった無茶なリクエストも多く見られます。渡部が佐々木を動画に登場させることはまずあり得ないでしょうが、ねづっちも『ナイツ塙は許せない』というタイトルの動画をアップしたところ、これが46万再生の特大ホームランに。出演させなくても、タイトルに佐々木の名前を入れたり、佐々木関連の話題について話すだけでも飛躍的に再生回数は伸びそうですけどね」(前出・エンタメ誌ライター)

 今後どのような手段で数字を取りに来るのか注目したいところだが、いざとなった時の最終兵器の投入にも期待したいところだ。

(権田力也)

関連リンク

  • 2/15 10:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます