久保田紗友 ピアノ上達で先生泣かせた

拡大画像を見る

 女優の久保田紗友(20)が14日、川崎市内で映画「サヨナラまでの30分」公開御礼舞台あいさつに登場した。バンドメンバーであるヒロインの役作りで、ピアノを半年間かけて練習。撮影中にチェックに訪れた講師が毎回、涙を流すほどの上達ぶりを見せたという。「音楽で人とつながる楽しさを、この映画を通じて教えていただきました。できればピアノを続けたいなという思いはあります」と、魅力にハマった様子だった。

 撮影開始時は、新田真剣佑、北村匠海ら共演者は男性ばかりで「みなさんに初めてお会いした時、女子一人で『どうしよう』って思ってました」とひるんでいたことを吐露。それでも「みなさんから話しかけてくださって、楽しくやらせていただけました。私もバンドメンバーにならなきゃと思って頑張りました」と、周囲の気遣いもあって打ち解けたことに感謝していた。

関連リンク

  • 2/14 20:09
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます