「私は元気」…ペレ氏が体調不良説を否定「ボールを転がし続けるつもり」

拡大画像を見る

 “サッカーの王様“として知られる元ブラジル代表のペレ氏が、自身の体調について語った。イギリスメディア『BBC』が14日に伝えている。

 ペレ氏は2015年に前立腺手術を受け、昨年は尿路感染症で病院に搬送されていた。ペレ氏の息子であるエディーニョ氏は股関節の問題で歩行が困難であると、ペレ氏の体調について明かしていた。

 しかし、79歳のペレ氏は自身が抱える健康上の問題について、「私の年齢の人にとっては普通のこと」とコメント。また、「私は元気です。可能な限り最善の方法で身体的な制限を受け入れるが、ボールを転がし続けるつもりだ」と明かした。

 今回の報道によると、ペレ氏は写真撮影やスポンサーの仕事だけではなく、イギリス人監督と協力して自身のサッカー人生をテーマにしたドキュメンタリーを製作するなど、精力的に活動を続けているようだ。

関連リンク

  • 2/14 19:08
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます