「カラクリがやばい」「コレはないわ」 東京都の子育て支援事業に、疑問の声続出

拡大画像を見る

働きながら子供を育てる家庭にとって、保育園に入れないというのは死活問題です。

東京都では、保育園に落ちてしまった人への救済策として、2018年12月から『ベビーシッター利用支援事業』を実施しています。

これは、『0歳児~2歳児の待機児童の保護者』もしくは『保育所などの0歳児クラスに入所申込みをせず、1年間の育児休業を満了した後、復職する人』を対象にした制度で、子どもの保育所などに入所できるまでの間、東京都の認定を受けた認可外のベビーシッター事業者を1時間150円(税込)で利用できるというものです。

一見すると、「保育園が落ちてしまっても、1時間150円でベビーシッターをお願いできるなら助かる」と思いそうなのですが…。

『ベビーシッター利用支援事業』に注意喚起

3人の子供を育てる高沖清乃(@kiyono_t)さんは、この『ベビーシッター利用支援事業』について「カラクリがヤバい」とツイート。

税理士・社労士にも相談し、制度について調べ上げたことをTwitterに投稿したところ、多くの人から反響がありました。

『ベビーシッター利用支援事業』では、150円と実際のシッターの利用料の差額が助成されるといいます。

例えば、1時間2千円のシッターを8時間お願いした場合、本来は1日あたり1万6千円の利用料がかかりますが、この制度を申請すれは1200円しかかからないことになります。

しかし、その利用約款をよく読んでみると、こんな言葉が書かれていました。

第14条(確定申告)

本事業では、各認定事業者が1時間当たり2,400円(税込)を上限に定めた利用料と、第7条第1項で定める利用者負担額(1時間当たり150円(税込))との差額を、東京都及び区市町村が公費で負担し、認定事業者に支払います。

東京都及び区市町村が公費で負担した額(助成額)は、利用者にとって、所得税法上の「雑所得」となり、その他の給与所得以外の所得金額との合計額によって、以下の申告が必要です。(申告により、後日、所得税等が課税されます。)

ベビーシッター利用支援事業 利用約款 ーより引用

つまり、助成された差額分は『利用者の年収』として計算され、追加の所得税がかかるということ。

制度をフル活用して年間300万円ほどの助成を受けた場合、それはほぼそのまま『雑所得』として換算されます。例えば、年収300万円の人が仕事復帰をして、週5で1日8時間子どもをシッターに預けたとすると、年収が600万円で計算されてしまうのです…。

年収300万円の人が制度を利用すると

年収がアップしたと計算されると、当然追加の『所得税』がかかることに。

東京都が公開した『モデルケース試算表』を基にどれくらい税金がかかるかを予想してみました。

年収300万円の人が月平均160時間(フルタイム勤務で1日8時間シッターを依頼した場合)利用すると、課税額は1か月あたり5万9200円、年間にして71万400円となります(※元の給与年収分の税額も含まれています)。

こちらはモデルケースなので、利用時間や方法によっても税額が異なりますが、確定申告の手間もある上に、ほぼ一括で追加分の税金を支払わなければならないというのは、家計にかなり響くでしょう…。

住民税、各種手当にも影響

「年間の保育園料と同じくらいじゃない?」と考える人もいるかもしれません。しかし実際は、毎回150円×時間分の保育料と、シッターの交通費も別途で負担しています。 場合によっては、月額10万円以上の保育費を出費することになるかもしれないのです。

年収が上がるということは住民税がその分上がります。さらにシングルマザーの場合、年収制限のある児童扶養手当(母子手当)は翌年、減額される恐れもあります。

※写真はイメージ

「助成された金額は、所得扱い」「所得が上がった分、追加で税金を支払う」という制度の仕組みをよく理解しておかないと、後から大変なことになってしまうかもしれません。

保育の費用は控除対象にならない

国の定めた『所得税法』では、保険関連や障害者給付などについては税金は控除対象となり、免除されます。

しかし、保育に関わる費用については特に規定もないので、一部を除いて基本的には課税対象になるそうです。

『ベビーシッター利用支援事業』については、東京都独自の事業であるため、利用者給付にした場合、その分課税されてしまうのです。

ネット上では投稿を見た人たちから、さまざまなコメントが寄せられています。

・とても分かりにくい制度。余裕のない時に飛び付いて、後で泣くことになっていたかも。

・有用なツイート。それにしても子育てするのに、なんでこんなにトラップ多いの…。

・待て待て待て!これ無理じゃん!税金で持ってかれる金額えげつなすぎる。

・一見するとお得なようですが、税金になるとややこしいんですね。とりあえずしっかりと説明は必要です。

子供を育てながら働くには、まず安心できる『子供の預け先』を確保しなければなりません。

残念ながら保育園が決まらず、職場復帰を諦めざるを得ない人はたくさんいます。

『ベビーシッター利用支援事業』は、保育園が決まらずに悩む多くの保護者に、選択肢を広げるものでもあります。多少お金を多く支払っても、この制度を利用して、まずは職場復帰をしたいという人もいるでしょう。

利用者がサービス内容を誤解なく理解した上で利用できるよう、事業者側には分かりやすく丁寧な説明を心掛けてほしいですね。

※以下の投稿内容について、後日投稿者さまから修正の報告を受けています。

・「62,500万円の保育料」⇒「62,500円の保育料」に修正。

・都のモデルケース一覧の月額は、追加の税でなく元の収入の税も含んで計算されているとのこと。

[文・構成/grape編集部]

出典 東京都福祉保健局@kiyono_t

関連リンク

  • 2/14 14:44
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

22
  • 『SNSはアホでも世間に指図していい装置ではないんだぞ、って何度も言わせんな』

  • Libra.Astraia

    2/16 10:02

    Twitterのハッシュタグの意味や本来の使い方が分かってない輩が、何か文句をタラタラ言ってますな。

  • 猫魔天狗

    2/16 9:51

    働いて居ないと何調べですか?ちゃんと統計取りました?憶測は怪我の元ですよ!

記事の無断転載を禁じます