“ドリカム激怒報道”YOSHIに明石家さんまが贈った言葉が「泣ける」!

拡大画像を見る

 2月10日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)が、モデルの森星(27)に起こったトラブルを報じている。

「森星は昨年、以前より大ファンだと公言しているDREAMS COME TRUE(以下ドリカム)のコンサートに親友の男性と2人で足を運んだそうです。しかしライブ終了後、ドリカムの楽屋に挨拶に行った際に、友人男性が楽屋前で大声で騒いだり、スケボーを乗り回したりと大暴走。そのせいで星まで“ドリカムのライブ出禁”を言い渡されてしまったと『週刊女性』が報じたのです」(女性誌記者)

 2月13日、この報道を受けて、ドリカムの中村正人(61)は自身のブログでこの報道を完全否定。ただ世間では「ドリカムを激怒させた友人男性」に注目が集まった。

「記事によると、その友人男性というのは、今話題のアーティストYOSHI(16)だったそう。雑誌『AERA』(朝日新聞出版)の表紙に抜擢されたり、俳優としても映画『タロウのバカ』で菅田将暉(26)や仲野太賀(27)と共演したことで話題になった大型新人で、香港人の父と日本人の母を持つ16歳。13歳のときにルイ・ヴィトンのディレクターにそのファッションセンスを賞賛され、その後、有名ブランドのモデルやショーへ多数出演をはたしている世界レベルのアーティストなんです」(前出の女性誌記者)

 だが、YOSHIには数々の輝かしい経歴よりも、先行しているイメージがある。

「昨年11月に『行列ができる法律相談所』(日本テレビ系)に出演した際、初対面の明石家さんま(64)をいきなり“さんちゃん”呼ばわりしたうえにタメ口で話し、共演者を驚かせました。ネットでは “何様?”“10秒で嫌いになれる”“生意気で不快”と大炎上。他のバラエティー番組でも同様の“ビッグマウス”を連発したため、今回、ドリカムの中村が否定するコメントを発表した後も“YOSHIならやりかねない”“正さん大人だな”などの意見が頻発したのです」(前同)

■YOSHIにさんまがかけた言葉が……すごい!

 しかしYOSHIと共演したさんま本人は、世間とは違ったイメージで彼を見ていたようだ。2019年11月3日に更新されたYOSHIのインスタグラムには、さんまとの2ショット画像とともに、こんなメッセージが書かれていた。

<はじめてのバラエティー!!さんちゃんに出会った。彼はある日俺に言った。「さんちゃんって呼ぶのはお前だけ許す、けど周りの人がいろんなことをそれをやることによって言われるかもしれないけどお前は気にせず突き進め」と言われ、「敬語になったらぶったおすぞって」言われた笑 そのことを聞いてさらに頑張れる気持ちになった>

「この投稿に対して、“さんまさん、素敵な大人”“泣きそうになった”“自分を持っていて素敵”とYOSHI側に立つコメントが多数書き込まれたのです。さんまの発言もカッコイイですが、その言葉を聞いて“さらに頑張ろう”と思ったYOSHIも素直で素敵ですよね」(前出の女性誌記者)

 その後もYOSHIのインスタグラムで2ショットを披露するなど、交流が続いている2人。大物になる人間は、大御所から可愛がられる才能もあるのかもしれない。

※画像はYOSHIのインスタグラムアカウント「@yoshi.226」より

関連リンク

  • 2/14 16:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3

記事の無断転載を禁じます