槇原敬之は21年ぶり逮捕!ミリオン歌手、元Jも…ヤバすぎ薬物再犯芸能人!!

拡大画像を見る

 2月13日、歌手の槇原敬之(50)が、覚醒剤取締法違反(所持)と医薬品医療機器法(旧薬事法)違反の疑いで警視庁に逮捕された。

 逮捕容疑は2年前に、港区の1室で覚醒剤0.083グラムや危険ドラッグ・RUSH(ラッシュ)を所持していた疑いだという。

 槇原といえば1999年8月にも、覚醒剤所持が発覚して逮捕。同年9月には沢尻エリカ(33)が所持したことでも知られるMDMAの所持も発覚し、予定されていたコンサートツアーは中止。レギュラーラジオ番組も打ち切られ、CDの回収など、大騒動になった。

 槇原はこのとき逮捕されたことで、一時は7億円もの借金を抱えたという。99年12月に懲役1年6か月、執行猶予3年の有罪判決を受けた。槇原は「寛大な判決が下りました今も、法を犯すことの重大さを痛感いたしております。今後は、絶対にこのようなことを起こさないことを、堅くお約束いたします」とコメントを発表した。

「槇原は、SMAPの大ヒット曲『世界に一つだけの花』の作詞作曲を手がけています。同曲は平成で最も売れたシングル曲で、音楽の教科書にも掲載され、21世紀を代表する国民的ソングになりました。ただ、今回の逮捕で『世界に一つだけの花』を耳にする機会が減ってしまうかもしれませんね。

 かつて“覚醒剤やめますか。それとも人間やめますか”というCMが話題を呼びました。取り調べはこれからですが、槇原も覚醒剤をやめること、断ち切ることはできなかったということなのでしょうね。それだけの高い依存性と恐ろしさを、あらためて感じますよね」(スポーツ紙記者)

 覚醒剤で複数回逮捕された芸能人は少なくない。

 田代まさし(63)は、東京杉並区で覚醒剤を所持していた容疑で、昨年11月に宮城県警に逮捕されている。

「田代は2001年、2004年に覚醒剤取締法違反容疑で、2010年にはコカインを所持していたことが発覚して現行犯逮捕。さらに、一緒にいた女性の自宅で覚醒剤など、他の違法薬物が発見され、覚醒剤取締法違反の容疑でも再逮捕されています。そして昨年11月の逮捕ですから、田代は覚醒剤で4回も逮捕されたことになります。昨年の田代の逮捕が報じられた際にはバッシングよりも、薬物依存治療の必要性が盛んに議論されましたよね」(前出のスポーツ紙記者)

■ジャニーズの人気メンバーも……

 95年にリリースしたシングル『LOVE LOVE LOVE』が248万枚の大ヒットを記録した、DREAMS COME TRUE(ドリカム)の元メンバー・西川隆宏(55)は、2002年3月にドリカムを脱退。

 同年10月、覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕され、2006年2月、東京都新宿区の路上で覚醒剤取締法違反(所持)の現行犯で逮捕され、懲役1年6か月の実刑判決が下った。

「シンガーソングライターの岡村靖幸(54)は、2003年に逮捕され、懲役2年執行猶予3年の判決が下りました。その後、2005年の執行猶予期間中に、渋谷区のレコード店内のトイレで覚醒剤を使用したことが、数日後、警察官の職務質問で薬物検査を受けた際に発覚して、猶予取り消しの処分になりました。さらに、2008年にも3回目となる逮捕……。現在は精力的に音楽活動に励んでいます」(レコード会社関係者)

 ミュージシャンでは、横浜銀蝿のボーカル・翔(61)は97年に最初の逮捕。翌98年に覚醒剤剤取締法違反の罪で再び逮捕されて、1年4か月の実刑判決。さらに2003年にも現行犯逮捕され、1年10か月の実刑判決を言い渡されている。

「ジャニーズタレントも覚醒剤で逮捕されています。元光GENJIの赤坂晃(46)は、2007年10月28日に、豊島区東池袋の路上で覚醒剤1グラムを所持していたとして現行犯逮捕され、ジャニーズ事務所は翌10月29日付で赤坂の解雇を発表しました。

 赤坂には懲役1年6か月執行猶予3年の判決が下りましたが、2009年12月に、宿泊していた新宿区内のホテルの室内捜索中に覚醒剤の使用が発覚。執行猶予期間中の逮捕で、赤坂には懲役1年6か月の実刑判決が下っています」(芸能プロ関係者)

 今回逮捕された槇原だけではない、再び罪を犯してしまった芸能人たち。一度手を出してしまった薬物の誘惑を断ち切るのは、これほどまでに難しいーー。

関連リンク

  • 2/14 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます