新型肺炎に感染したと思い込んだ男性、感染から家族を守るために自殺(印)

拡大画像を見る

インドのアーンドラ・プラデーシュ州チットゥール県シュリーカーラハスティの農村部に住むバラクリシュナヤさん(Balakrishnayya、50)が今月11日、首を吊って自らの命を絶ってしまった。彼は現在猛威をふるう、新型コロナウイルスに感染したと勘違いしていたという。

家族の話によると、バラクリシュナヤさんは今月1日あたりから風邪のような症状があり発熱していたようだ。5日にルイア病院で診察を受けたところ、尿路感染症と診断された。医師からは薬を処方され、マスクをするように勧められた。

病院を出たバラクリシュナヤさんは姉妹宅に2日間滞在した後、自宅に戻って来た。ところが処方された薬を服用しても咳や発熱が治まらなかったことから、次第に「新型コロナウイルスに感染したのでは…」と思うようになったそうだ。

バラクリシュナヤさんはインターネットや新聞などでウイルス性疾患に関する情報を調べていくうちに、精神的に不安定になっていったという。しまいには家族に向けて石を投げつけ、「感染しているから近くによるな」と奇妙な行動をとるようになってしまった。

そして11日の朝、バラクリシュナヤさんは自宅のドアを外からかんぬき錠でロックして家族が出られないようにした後、村の外れにある母親の墓の近くに立つ木で首を吊って命を絶ってしまった。亡くなったバラクリシュナヤさんの息子バラムラリさん(Balamurali)は、このように語っている。

「父は病院でマスクをするように言われたことから、新型コロナウイルスに感染していると思い込んだようです。そして私達家族を自分のもとに近づけないようにしていました。父には『感染などしていない』と言ったのですが、聞く耳を持ってもらえませんでした。もし適切なカウンセリングを受けていたら、私達の話を聞いてくれたかもしれません。」

「父はインターネットの動画などで調べて、ウイルスの情報が全て自分の症状と一致すると結論づけたようです。私達は父を救うこともできないまま家に閉じ込められ、父はそのまま首を吊って亡くなってしまったのです。」

バラクリシュナヤさんが受診したルイア病院のNV・ラマニア院長(NV Ramaniah)は「当院ではどの医師も彼に対して新型コロナウイルスについて触れてはいません。本人は腎臓と肺に問題を抱えていましたが、それはよくある症状です。我々は彼が結核にかかりやすくなっていると判断し、マスクをつけるように指示しました」と述べている。

インドでは13日現在、新型コロナウイルスの感染が確認されているのはケーララ州で中国・武漢から先月に帰国した学生3人のみとのことだ。

画像は『NDTV 2020年2月12日付「Fearing He Had Coronavirus, Andhra Man Locked Family At Home, Killed Himself」(File)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連リンク

  • 2/13 21:14
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • 洋子

    2/17 12:00

    死ななくてもいいのに。もったいない。

  • トリトン

    2/14 12:30

    一種の精神疾患みたいな人なんだな別に記事にするほどのことでも無いような。

  • 脱走兵

    2/14 2:46

    ………まあ、何というか、元々こういうヒトなんだろうな。根は悪いヒトではないんだろうけど、思い込みが激しく他人の話は聞かずに突っ走る。新型コロナはただのきっかけにすぎない。遅かれ早かれこうなったヒトなんだろう。過熱報道とかマスヒステリーの犠牲者という訳ではないだろう。

記事の無断転載を禁じます