次は未成年女性「好感度タレントX」と「国民的人物Y」が危険!?「2つの激ヤバスキャンダル」が裏社会から持ち込まれる!

拡大画像を見る

 昨今の特大スクープの中には、いわゆる半グレや反社からの情報提供も少なくない。昨年の吉本興業の闇営業問題もその1つで、写真週刊誌「フライデー」(講談社)が一報を伝えたが、それは同時に“彼ら”を目覚めさせることにもなった。

「フライデーの1発目はまだ良かったが、闇営業疑惑を『雨上がり決死隊』宮迫博之以下が完全否したことで、半グレ連中が『それは違う』とばかりに、マスコミに別の写真を持ち込むことになった。最初は低姿勢だったが、引きがあるとわかった途端、半グレ連中は『〇〇(社名)は50万円で買うと言うてる』と複数の媒体を天秤にかけて商売するようになった」(週刊誌デスク)

 メディアがそうした筋からネタを買うのはいかがなものか? これはマスコミにとって永遠の命題ではあるが、そうこうしている今も、裏社会から激ヤバ情報は持ち込まれている。もっか騒然となっているのは、未成年女性タレントXの飲酒&喫煙写真。事情を知る関係者の話。

「昨夏あたりから一部週刊誌に持ち込まれていると言います。違法薬物やゲス不倫に比べると、インパクトはさほどでもないですが、Xがいわゆる好感度タレント。若いのにトークが達者で、出演番組も数多い。これまでスキャンダルとは無縁なため、表に出れば、衝撃は計り知れません」

 Xも自分が狙われていることはうすうす勘付いているようで、最近になって意図的に環境を変えている。

 もう1人はかつて「国民的〇〇」と呼ばれた女性Yだ。現在は結婚して子供もいる。そのYに〝ハメ撮り動画〟が存在するというからシャレにならない。スポーツ紙記者が証言する。

「Yの独身時代に撮られたもので、紛れもなく本人のようだ。ただ、持ち込んできたのが、いわゆる半グレ、それもソッチの世界ではかなりの大物という。結果、持ち込まれたメディア側も委縮している」(週刊誌デスク)

 なぜYが行為を撮られたかは定かではないが、関係者いわく「彼女は周辺人物を含めてファンキーですからね。何らかのトラブル解決のカタで、そうしたものが撮られた可能性はある」。

 どちらにせよ、世に出ればYのイメージは180度一変する。当事者は気が気ではないはずだ。

  • 2/4 7:00
  • TOCANA

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

5
  • マスコミを何かで訴えれたらいいのに。。。人の人生狂わすほどなんだから。リベンジポルノや過去の飲酒や喫煙で自粛とかに追いやられたら酷すぎ。

  • 自分達の足でネタ取ってきなさい。反社の人たちからネタを買って資金源となっているなら反社と同罪で裁かれるべきだね。

  • 洋子

    2/16 12:09

    だからマスゴミ言われるんだよ。

記事の無断転載を禁じます