犬に追いかけられる猫 とっさの行動に、飼い主「おそろしい子…!」

拡大画像を見る

『さばげぶっ!』や『ねこ色保健室』などの作品で知られる、漫画家の松本ひで吉(@hidekiccan)さん。

天真爛漫で天使のような性格の犬と、我が道を行くツンデレなお猫様との暮らしが描かれている漫画がTwitterで公開され、人気を集めています。

松本ひで吉 『犬と猫どっちも飼ってると』シリーズ

私たちが失敗を通して学ぶように、動物たちもまた、失敗を積み重ねながら成長していきます。

松本さん宅の犬と猫も例外ではなく、昔と比べて明らかに「成長したな」と思える姿を見ることがあるのだとか。

しかし、性格が真逆な松本さん宅の犬と猫。やはり成長ぶりにも違いがあるようです…。

『どころどころかしこくなってて毎日たのしい。』

ジャンプするたびに頭を机にぶつけていたのは、昔の話。現在の犬は、頭をぶつけることなく松本さんに抱きつくことができるほどかしこく成長しました。

とはいえ、時に失敗もしてしまいます。どこかぬけていて、そこがかわいらしく思えるのも、犬が「天使」と呼ばれる理由の1つですよね。

一方お猫様はというと…。

何度も犬にじゃれつかれた過去を経て、すっかりフェイントの名手に。犬をも騙すフェイントの上達ぶりに、松本さんはこう思わずにはいられなかったのでした。

おそろしい子…!

単行本が好評発売中!

『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい』の単行本が好評発売中です。

2019年12月13日には第4巻も発売されました。限定版には、オリジナル付録が付いています。ファンには嬉しい特典ですね!

[文・構成/grape編集部]

出典 @hidekiccan

関連リンク

  • 1/26 10:14
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

10
  • トリトン

    2/14 17:37

    そうですねその割りには唸るのですよねどんなもんだいとでも言いたいのか後公園が近付くと情けない鳴きかたするから公園でよく遊びましたよ、後トンネルで吠えて自分の鳴き声に満足するし飽きませんな。

  • トリトンさん、前足も使って走ってるのになんでどうしてわざわざ前足でガッ!っていくのか。 遠慮なく顎からバクッ!といかないのか。理由なんか愛情以外無いですよね。

  • トリトン

    2/14 17:16

    犬は追いかけゴッコ好きだからな自分も100mハンディでヨーイドンと言うと追いかけて来てたからなちゃんとわかるのだよな、散歩の首輪や車のキーも持ってくるしバイクも自分で篭に乗ってくるからね頭いいよ。ラーメンもチヤーシュー麺のチヤーシューの枚数知っていて半分こして食べてたな。

記事の無断転載を禁じます