GACKTが桐谷健太にブチギレ!?正月「格付け」の激ヤバ裏側

拡大画像を見る

 今年1月1日に放送された正月恒例の特番『芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!2020お正月SP』(テレビ朝日系)の裏側で、大変な事態が起きていたという。

 同番組は、ダウンタウンの浜田雅功(56)と伊東四朗(82)がMCを務め、チームを組んだ芸能人が、料理や演奏などの「超一流」と「平凡」を見分ける問題に挑み、「一流芸能人」に相応しいかどうかをチェックするという内容だ。

 番組には、格付けチェック「個人58連勝中」のGACKT(46)とゴールデンボンバーの鬼龍院翔(35)チームをはじめ、和田アキ子(69)、志村けん(69)、古舘伊知郎(65)といった大御所芸能人や、桐谷健太(39)、千葉雄大(30)、吉岡里帆(26)など、人気若手俳優らも出演した。

「今回もGACKTはすごかった。難なく問題に正解し、個人連勝記録を伸ばしますが、チームを組んだ鬼龍院が2問目の吹奏楽問題で不正解に。スタジオに戻ってきた鬼龍院はGACKTに対し、スライディング土下座で詫びを入れるなど、例年とは違った展開になりましたね(笑)」(制作会社関係者)

 GACKTは休憩中、鬼龍院に対し「お前ちょっと……他の問題で間違えるなら分かるけど、この問題で間違えるって何事か? ミュージシャンだぜ?」と説教する。

 高級牛肉を当てる最終問題は、正解なら1ランクアップでGACKT・鬼龍院チームは「一流」に返り咲くことができ、不正解なら2ランクダウンで「三流」になる特別問題だったが、この問題でも鬼龍院は不正解。

「『三流芸能人』が履かされる汚れたスリッパを履いたGACKTは、仁王立ちで鬼龍院を待ち構え、再び鬼龍院に説教をかますと思いきや、“まあ人生いろいろあるわな”と慰めの言葉をかけたんです。そして、GACKTの怒りの矛先はチームメイトの鬼龍院ではなく、桐谷健太に向かったんです」(前出の制作会社関係者)

 GACKTが最終問題に正解した桐谷に対して「何が悔しいって、お前のことじゃない。あまりの桐谷の嬉しそうな顔がムカつく」と言うと、桐谷は「だって(スリッパは)ファッションで好きで選んでるのかなと思って、逆に?」と応じた。

「オンエアでは、桐谷さんのイジりにGACKTさんは“煽るね~”と笑って対応していましたが、実は内心は本気で怒り心頭だったようです。収録後、怒りが収まらない様子のGACKTさんは、番組責任者に“音楽で仕事をしている人にああいうイジり方はない”と詰め寄ったそう。もしまた桐谷健太が出るならもう『格付け』には出ない、といった勢いだったといいます。もうあの2人が共演することはないでしょうね……」(テレビ朝日関係者)

『格付け』スターのGACKT。来年の同番組に桐谷の姿はないのかもしれない……。

関連リンク

  • 1/15 7:23
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

5
  • 連休下さい

    1/15 16:22

    誰が言ったのか?鬼龍院のプレッシャーを和らげるためのものでしょ?そんな事でマジギレはしないと思うけどね。

  • 「格付け」観たけど収録後そんな事が、あったなんてね...GACKTサンのプレッシャーはハンパないですからね...桐谷健太サンとの共演は、なくていいよ!!

  • トリトン

    1/15 14:52

    作り話だろうな。

記事の無断転載を禁じます