「トヨタ」が富士山のふもとに実証実験都市「コネクティッド・シティ」を作る!

拡大画像を見る

「トヨタ自動車株式会社」は日本時間の1月7日、アメリカ・ラスベガスで開催された世界最大の技術見本市「CES2020」にて、あらゆるモノやサービスがつながる実証都市「コネクティッド・シティ」のプロジェクト「Woven City」の概要を発表した。

このプロジェクトは、人々が普段の生活を送る環境のもと、自動運転やパーソナルモビリティ、スマートホーム技術、モビリティ・アズ・ア・サービス(MaaS)などの技術を導入、そして検証することができるという実証実験都市を新たに作るというもの。

この街で技術やサービスの開発と実証をスピーディーにおこなうことで、人々の暮らしを支えるあらゆるモノやサービスが情報でつながっていく時代に向けた、新たな価値やビジネスモデルを生み出し続けることが狙いだ。同社は、世界中のさまざまな企業や研究者などを対象に本プロジェクトへの参画を呼びかけている。

この都市を作るにあたっては、静岡県裾野市にある2020年末に閉鎖予定の「トヨタ自動車東日本株式会社 東富士工場」の跡地を活用。2021年初頭から着工する予定で、初期はトヨタの従業員やプロジェクトの関係者をはじめ、約2000人程度が暮らすことを想定しているという。

「世界のトヨタ」によるプロジェクトの詳細は、「Woven City」のイメージビデオをご覧いただけると理解が深まるだろう。

© トヨタ自動車株式会社/YouTubeTop image: © 2020 トヨタ自動車株式会社

関連リンク

  • 1/15 6:00
  • TABI LABO

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます