向井理の父親姿に驚きの声多数、展開の早さに「引き込まれる」…「10の秘密」1話

拡大画像を見る

向井理主演、仲間由紀恵、仲里依紗、渡部篤郎、松村北斗らの共演でおくる本格サスペンス「10の秘密」が1月14日からスタート。冒頭からスピーディーな展開に引き込まれる視聴者が続出。向井さんの“父親役”も話題を呼んでいる。

14歳の娘と2人で暮らす建築確認検査員の白河圭太を向井が演じるほか、9年前に離婚した圭太の元妻で弁護士の仙台由貴子に仲間さん。2人の娘の瞳に山田杏奈。

圭太とは兄妹のような関係の保育士・石川菜七子に仲さん。由貴子が顧問弁護士を務める大手建設会社の社員で由貴子と交際していた宇都宮竜二に渡部さん。ジャズバーでピアノ演奏のバイトをしている瞳の音楽仲間で音大生の伊達翼といったキャストが出演する。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
9年前に由貴子が家を出て行ってからシングルファザーとして奮闘しながら娘を育ててきた圭太のもとに「娘は預かった。3日以内に仙台由貴子を探せ」という電話が。瞳と連絡が取れないことに不安を覚えた圭太はすぐに由貴子の所在を確認するが、由貴子は勤めていた大手弁護士事務所を数日前に突然辞め、上司だった男はクライアントである竜二への説明対応に追われていた。学校に行くと瞳がここ最近学校や部活を休みがちで、塾もやめていたことも発覚する。


さらに離婚後SNSでセレブぶりをアピールしていた由貴子だが、その生活は多額の借金による偽りのものであることがわかる。そして圭太にもまた隠してきた秘密があった…というのが1話のあらすじ。

視聴者からは「展開が色々と早くて凄いびっくり」「展開早くてツイートする暇ない。ドラマに引き込まれてる」など展開の早さに驚く声とともに、14歳の娘がいる父親役を作業服姿で演じた向井さんに「14歳の娘おる役にびっくり」といった反応が上がったほか「何、着ても、どんな格好しても似合う」などの声が上がる。


また瞳が圭太に内緒に通っていた(?)らしいジャズバーでピアノを弾く翼を演じる松村さんにも「余韻しか残さないのに謎の存在感がある松村北斗さん、よきでした」「出演シーンは数十秒でしたがその数十秒の間でファンを殺してくれたその威力 私たちは最終回まで生きてられるか不安です」などといった反応も多数集まっている。



(笠緒)

関連リンク

  • 1/14 23:30
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます