簡単にバストアップが目指せる♪1日5分でできるヨガポーズ3選

拡大画像を見る

バストの悩みを持つ女性は多いですよね。大きさや色や形など、バストの悩みは尽きません。年齢を重ねるにつれて、メジャーになってくる悩みのひとつはバストの垂れ。ハリのないバストは老けて見えてしまいますよね。「私はまだ大丈夫!」という方も、早めのケアを始めて後悔はしないはず。

バストが垂れる原因って?


buritora/shutterstock.com

歳を重ねるにつれて、重力によって段々身体のお肉が下がり気味になっていくのは仕方がないことではあります。 


身体の老化は防げないものですが、努力で改善される部分はまだまだ沢山あります。 


日常生活の中から、バストが垂れる原因になっているものを探っていきましょう。 


姿勢の悪さ


Ginnyyj/shutterstock.com

みなさんの姿勢はシャキッとまっすぐでしょうか? 


姿勢の悪さはバストが垂れる大きな原因の1つです。 

バストアップしたければ、まずは姿勢から正さなければいけません。 


日常的な長時間のデスクワークや家事、スマホの操作などで肩が前に出て首は前傾し、猫背になってしまいがちに。 


日常的な猫背は腹筋や胸筋を弱くし、胸まわりの血行やリンパの流れも悪化させてしまいます。 


猫背はバストのハリをなくし、しょんぼりしたバストラインを招いてしまうのです。 


まっすぐな姿勢は上向きのバストの土台です。姿勢を改善する事は、バストアップの近道になるでしょう。 


生活習慣の乱れ


buritora/shutterstock.com

仕事で忙しく慌ただしい生活をしていると、睡眠不足やストレスでホルモンのバランスが崩れ、女性ホルモンの分泌が減ってしまう事も。 


女性ホルモンの分泌は、乳腺の発達やバストのハリを生み出してくれます。 

十分な睡眠時間を確保し、バランスの良い食事とリラックスする事を心がけましょう。 


生活習慣を改めることはホルモンのバランスを整えてくれます。 

ホルモンバランスの調整は、バストアップに欠かせません。 


バストアップにヨガが効く?


Roman Samborskyi/shutterstock.com

ヨガのポーズには、姿勢の改善に役立つものがたくさんあります。 


普段の生活ではなかなか使われない筋肉を刺激し、血液の循環を促してくれます。 

ゆったりとした呼吸と共に行うヨガはストレスを解消し、心身ともにリラックスさせてくれる効果があります。 


人はストレスを感じると交感神経が活発になります。 


リラックスする事で副交感神経が優位になり、自律神経のバランスを整えることで、女性ホルモンの分泌に繋がると言われています。 


適度に身体を動かして運動不足も解消され、血行促進やリンパの流れも改善してくれます。 


ヨガはバストアップに嬉しい効果が詰まっているのです。 


バストアップが目指せる!1日5分でできるヨガポーズ3選 


number-one/shutterstock.com

まっすぐな姿勢と女性ホルモンの分泌は、バストアップに欠かせないもの。 

今回は猫背の改善に適したヨガポーズと、自律神経を整えホルモンバランスの調整に効果が期待できるヨガポーズをご紹介します。 


どれも手軽で、必要な時間はたったの5分! 

1日5分でバストアップを目指しましょう。 


コブラのポーズ


ポーズの形がコブラのようなことから、コブラのポーズと呼ばれています。 

ヨガの「太陽礼拝」という動きに含まれるポーズで、ヨガのレッスンで頻度が高く出てきます。 


背中を反らせる後屈系のポーズの中でも、初心者向けの基礎的なポーズ。 

お腹や胸を開き胸筋を刺激し、胸まわりの血行を促進します。 


背中を反らせることで、姿勢の改善に役立ちます。 

ストレス解消にも効果があると言われているポーズです。 


やり方 

①うつ伏せに寝て手を肩の下に置き、ワキは閉めます。 


myreco.me

②足の甲と太ももは床に押し付けたまま、息を吸いながら床を押して上体を押し上げます。

目線は斜め上にして、数回ゆっくり呼吸します。 


myreco.me

③そっとうつ伏せに戻ります。 


ポイント

背中を反らそうと頑張らずに、胸を開いて引き上げるイメージで行いましょう。 

ワキを締め手のひらを後ろに引くような力でポーズをすると、二の腕の筋肉が引き締められます。 


首の後ろが力んで縮まらないように注意しましょう。 


魚のポーズ


半分人間で半分魚のマツヤが名前の由来のポーズ。 


胸を大きく開くポーズで、呼吸の通りが良くなり呼吸器の活性化を促します。 

首や肩まわり、背中のストレッチ効果があり、姿勢を改善してくれます。 


頭のてっぺんにある百会(ひゃくえ)というツボを刺激し、自律神経の調整に役立つと言われています。 


顔や頭の血行を促進し、むくみの改善による小顔効果も期待できます。 

安眠効果があると言われており、就寝前にオススメのポーズです。 


やり方 

①あお向けに寝て、手のひらを下にしてお尻の下に置きます。

なるべく両腕を背中の真ん中に寄せます。 


myreco.me

②両腕を床に押し付けてヒジを曲げ、上体を持ち上げて頭のてっぺんをそっと床に降ろします。

そのままゆっくり数回呼吸します。 


myreco.me

腕を床に押して頭をそっと持ち上げ、ゆっくりとあお向けに戻ります。 


ポイント 

腕を床に押し付ける力でポーズを保つようにし、首にかかる負担を減らしましょう。 


難しい場合は首の下に丸めたブランケットを入れると、首の負担が減ります。 

首に痛みや違和感がある時は、このポーズは控えましょう。 


花輪のポーズ


腕で作る輪っかを花輪に見立てたポーズ。 

ヨガのポーズの中でも、比較的簡単に出来る初心者向けです。 


股関節の柔軟性アップや、姿勢の改善に効果的です。 

股関節を大きく開き下半身の血行も促進、股関節の矯正効果も期待できます。 


胸を開いて胸まわりのストレッチもしてくれます。 


やり方 

①足を肩幅程度に開き、足先は外に向け、両手は胸の前で合掌します。 


myreco.me

②ゆっくりとしゃがみ、ヒジは太ももに押し付け横に開き、鎖骨まわりと胸のストレッチ意識します。

ヒジと太ももを押し合い、押し合う力で背筋を上に伸ばし、このままゆっくり数回呼吸します。 


myreco.me

終わったらゆっくり立ち上がります。 


ポイント 

しゃがんだ時に上手くバランスが取れない場合は、お尻の下にブロックや丸めたブランケットなどを置きましょう。 


ヒザを曲げた時に足先が同じ方向に向くように注意しましょう。 


別々の方向を向いてしまうと、足首やヒザに負担がかかり痛めやすくなってしまいます。 



バストアップに効果的なヨガポーズを3つご紹介しました。 姿勢の改善とバストアップには深い繋がりがあります。 

ヨガでスッキリした姿勢とハリのあるバストラインをゲットしましょう! 

関連リンク

  • 1/14 21:30
  • myreco

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます