マツコでなければ大問題になりかねなかった宇多田ヒカルへの発言とは

拡大画像を見る

 1月3日放送の「マツコの知らない世界SP」(TBS系)でゲストの宇多田ヒカルにマツコ・デラックスが放った言葉がじわじわと波紋を広げている。

 現在4歳の息子とロンドンで暮らしている宇多田だが、藤圭子の大ファンだったマツコは遺伝子のすばらしさを前置きしてから「もう1回、子ども産めない?」と切り出したのだ。「なんでですか?」と戸惑いながら理由を聞く宇多田に「女の子を作ってほしいの。女の子‥‥」とマツコが言ったため、ネット上では「この発言はマツコでなければ大問題に発展している」と指摘されているのだ。

「マツコが人気者となったのは、誰に対しても率直なコメントをすることに尽きます。しかしこの発言には『マツコもただのおっさん』としらけた声が相次いでいます。『一般の男がこれ言ったらハラスメント確定』『子ども産め、しかも性別限定って何?』『もう1人娘を産めとかって、女性は子を産む機械って言ってた政治家と同じじゃん』といった声があがっています」(女性誌記者)

 宇多田の母である藤への思い入れが強すぎるゆえの発言だったにせよ、女装家のマツコだからハラスメント案件にならずにすんだのかもしれない。

関連リンク

  • 1/14 18:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます