紅白出場で話題もNHKは「King Gnuの暴走」を警戒していた?

拡大画像を見る

 1月9日に放送されたラジオ番組「King Gnu 井口理のオールナイトニッポン0」(ニッポン放送)にて、King Gnuのヴォーカル・井口が、「NHK紅白歌合戦」の裏側を語った。ステージを終えた後、井口は嵐・櫻井翔から謝罪されたという。

「昨年の紅白にて、司会者の櫻井がKing Gnuを紹介する際、『キングアンドヌー』と言い間違えるという“アクシデント”がありました。井口によれば、『終わったあと櫻井くんがめちゃくちゃ謝ってきてくれて』と、櫻井から直接謝罪があったとのこと。この日は、櫻井の後輩であるKing & Princeも出演していたため、名前を混合してしまったのかもしれません」(テレビ誌記者)

 そんな井口といえば、昨年の紅白前に、一般女性との熱愛疑惑を「週刊文春」がスクープ。その際、紅白出場について聞かれると彼は「適当にやろうかなって感じです」と答えていた。また、過去の歌番組での行動も合わせ、NHKから警戒されていた可能性があるという。

「井口は過去に『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演した際、手足をグニャグニャさせる奇怪な動きでオープニングの階段を降り、注目を集めたことがあります。すると紅白の当日、紅白公式ツイッターは《階段はありません!NHKなんで》と、彼らに対する警告とも思える内容をツイート。それに加えて文春の発言なども影響し、暴走を恐れたのか、King Gnuの登場シーンでは演奏前のインタビューがありませんでした」(前出・テレビ誌記者)

 とはいえ、紅白の控え室では歌い出しを何度も練習したとラジオで語っていた井口。ふだん、ふざけた言動もあるものの、根はマジメなのかもしれない。

関連リンク

  • 1/14 11:50
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます