吉高由里子「おまえ死ぬぞ」父親も心配する非常識行動

拡大画像を見る

 女優の吉高由里子(31)が女優にあるまじき驚きのオフ日の私生活を明かし、MCを務めるフットボールアワーの後藤輝基(45)らを驚かせた。

 この発言があったのは、1月7日放送の『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)でのこと。まず、鬼越トマホークの坂井良多(34)が関係者から入手した情報として、「オフの日はまる2日寝続ける」と暴露。すると、吉高は「トイレにも行かずに、ずっと寝ちゃう」と明かした。

 さらに、吉高は「最長は3日ですね」と驚きの告白。続けて、実家で暮らしていたとき、3日目で父親に「おまえ、死ぬぞ!」と言われて叩き起こされたと身ぶりを交えて振り返ると、後藤は「起こすわ、絶対」と吉高の父親に共感していた。

 また、坂井はドラマ関係者の証言として、「早朝からの撮影前日は少しでも長く寝たいので、パジャマではなく翌日に着る服を着たまま寝る」とも暴露。これに吉高は「ギリギリまで寝たいですし、冬とかって、脱ぐのも寒くないですか?」と訴えた。

 意外にルーズな素顔に後藤らが驚いていると、坂井が「プロ意識があるってことで、しょうがないっすね」と、強引にフォローしようとしたが、吉高は「いやいやいや」と、恐縮して首を振っていた。

 続いて、お笑いタレントが作った激辛料理を試食するコーナーでは、コロコロチキチキペッパーズのナダル(35)が悶絶しているのをよそに、吉高は涼しい表情で「おいしいです」と、激辛チキン南蛮と激辛焼き餃子を楽しんでいた。

 そして、最後の出演者の運勢を占うコーナーでは、占い師のぷりあでぃす玲奈が吉高について「21年に大役のオファーがある」と診断。これを見ていた視聴者からは、ツイッター上で「そろそろ大河ドラマやりそうよね」などと、NHKの大河ドラマのメインキャストではないかという声があった。

 その一方で、激辛料理が得意であるため、「有吉の激辛料理食べるやつに出演してくれないかな」などと、有吉弘行(45)がMCを務める『有吉ゼミ』(同局系)の“超激辛チャレンジグルメ”コーナーへの出演を希望する声も多かった。

関連リンク

  • 1/14 7:40
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

4

記事の無断転載を禁じます