人生で一番やりこんだFF&ドラクエシリーズランキング

拡大画像を見る

数あるゲームジャンルの中でも、特に日本人が好むと言われているRPG(ロールプレイングゲーム)。そんなRPGを代表する人気シリーズといえば、やはり「FF(ファイナルファンタジー)」と「ドラクエ(ドラゴンクエスト)」ですよね。
そこで今回は、これまでに発売されたFF&ドラクエシリーズの中で一番やりこんだ作品について探ってみました。

1位 ドラゴンクエストV 天空の花嫁
2位 ドラゴンクエストIII そして伝説へ…
3位 ファイナルファンタジーVII


1位は『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』!

見事1位に輝いたのは、1992年9月27日にスーパーファミコンで発売された『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』でした。
本作はファミリーコンピュータからスーパーファミコンへ世代交代が行われた最初のシリーズ作品で、親子三代にわたる壮大なストーリーが展開します。システム面では、モンスターを仲間にできるシステムを初めて採用したことで有名ですが、この新システムの採用がプレイヤーのやりこみ欲に火をつけたのかもしれません。
本作ではもう一つ重要なポイントとして、タイトルにも関係する「花嫁選び」のイベントが用意されていましたが、花嫁候補であるビアンカとフローラのどちらを選ぶかは、当時プレイヤーの間で大きな話題となりましたね。ちなみに、2008年にニンテンドーDSで発売されたリメイク版では第3の花嫁候補・デボラが追加されています。

2位は『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』!

僅差で2位に続いたのは、ファミリーコンピュータで発売された『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』でした。
「勇者ロトの伝説」をテーマにした初期三部作の完結編となる本作。発売されたのは今から30年以上前の1988年2月10日で、実は「昭和の最後に発売されたドラゴンクエスト」でもあります。
発売当時は前作「ドラゴンクエストII 悪霊の神々」の人気を受けて社会現象にまでなりましたが、フリーパーティーや転職、プレイデータのバックアップなど、現在のシリーズで基本となっているシステムが初めて実装されたという点でも、重要な意味を持つ作品と言えるでしょう。

3位は『ファイナルファンタジーVII』!

3位には、日本のRPGにおける映像表現を大きく進化させた記念碑的作品『ファイナルファンタジーVII』がランク・インしました。
今から20年以上前の1997年1月31日に発売された本作。ファミリーコンピュータやスーパーファミコンで発売された過去のシリーズ作品は戦闘やフィールドの移動、イベントシーンが2Dの平面的なものでしたが、本作ではポリゴンを使用した3D表現や美しいCGによるイベントムービーを多用。その映像表現の素晴らしさが当時大きな話題となりました。
ちなみに、2020年3月3日には本作をリメイクした新作「FINAL FANTASY VII REMAKE」の発売がPlayStation 4で予定されています。単なるリメイクではなく、オリジナル要素を加えて複数作での展開が予定されているそうなので、FFのファンは要チェックですね。

上位はいずれも1980~1990年代にかけて発売された古い作品でしたが、こうした作品の中には、最新のゲーム機やスマートフォン向けにリメイク・移植され、現在でも遊べるものが数多くあります。「昔やりこんだFFやドラクエをまた遊んでみたい!」と思った人は、気になる4位~27位のランキング結果もぜひご覧ください。

みなさんは、どのFF&ドラクエ作品をやりこみましたか?

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:2,379票
調査期間:2019年11月04日~2019年11月18日

関連リンク

  • 1/3 11:30
  • gooランキング

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

10
  • トリトン

    2/9 7:32

    やり込みではないがシナリオではドラゴンクエスト2とFF4が良かったな特にドラゴンクエスト2のエンディング3と並ぶ名曲だったな。

  • この2作品に良し悪し付けれるか( ̄∀ ̄) ただ、ドラクエ9に関しては、駄作かなぁと思う。 FFは10で終わったと思ってる。

  • ドラクエ5に関してはスカスカは仕方ないのではないか?当時はスーファミだし容量としては仕方ないかと。PS2やDSで大分改善されたと思う。そろそろドラクエ9をアプリでもいいからリファインされないだろうか(笑)

記事の無断転載を禁じます