嵐・二宮和也と松本潤「深刻不仲」!松潤「相手が無神経だとムカつく」

拡大画像を見る

 11月12日、嵐の二宮和也(36)が、元フリーアナウンサーの一般女性Aさん(38)との結婚を発表した。それから1か月、この電撃婚が、嵐の活動にいまださまざまな影響を与えている。

 発表の翌日13日には、嵐メンバーの櫻井翔(37)と相葉雅紀(36)が、コメントを発表し、二宮の結婚を祝福した。ところが、リーダーの大野智(39)と松本潤(36)は、二宮の結婚について、依然として沈黙をつらぬいているため、嵐の5人に亀裂が入ってしまったのではないかと危惧する声が上がっている。

 また、11月21日発売の『週刊文春』(文藝春秋)では、大野、松本、そしてコメントを出した櫻井も、来年末の活動休止を待たずに、二宮が結婚することに猛反対していたと報じている。

「大野が二宮の結婚に反対したのは、来年末の活動休止までは、国民的アイドルの嵐、そして嵐のリーダーとしての役割を全うする、という思いがあったからではないでしょうか。そして、二宮の結婚に最も激怒したのは松本だという話です」(芸能プロ関係者)

 12月10日発売の『女性自身』(光文社)では、11月27日に生放送された日本テレビ系の大型音楽特番『ベストアーティスト2019』でも、“メンバー間の亀裂”がみられたと報じている。

 生放送の同番組で、5人は二宮の結婚に一切触れることなくパフォーマンスを開始。歌いながら円陣のように並び、隣にいるメンバーの肩にそれぞれ手を置くという振付があったが、松本だけ二宮の肩に手を置いていなかったという。

 結婚発表から約3週間後の12月1日、二宮は自身がパーソナリティを務めるラジオ番組『BAY STORM』(bayfm)で、初めて自分の口からファンに向けて「結婚」を報告した。

 その翌日の2日、二宮のラジオを受けるように、今度は松本が会員制のファンサイトにメッセージを投稿。

「正直、情報過多だったりで追いついていけないなど、戸惑ってる人がいるというのもSNS上で見ています。。みんなの気持ちもわかるし、いろんな気持ちがあるだろうから、人によって今の心の置き方はそれぞれだと思う。でもさ、元はみんな同じ気持ちだったから。そのみんなに僕は感謝の気持ちを届けたいんです。その思いを伝えたいので、僕は変わらずに会場で待ってます!!」と、「二宮」や「結婚」という言葉こそ出さなかったものの、不仲説を払拭するようなコメントに、ひと安心したファンも少なくなかっただろう。

■松潤「どっちかが譲ることはないね?」

「9月にジャニーズ事務所副社長に就任した滝沢秀明(37)と同様、7月に逝去したジャニー喜多川氏の思いを、誰よりも理解しているのが松本だとされています。松本は“ジャニーズタレントとは何ぞや”というのを誰よりも考えて、仕事に取り組んでいる。

 11月3日、嵐が公式SNSを解禁するにあたって、5人そろっての記者会見が行われ、会見の中で松本は、“(SNSの期限については)決まっていない”と話した一方で、11月21日発売の『女性セブン』(小学館)では、松本はSNSの継続について、“これまで支えてくれたファンへのお礼をしたい”“ファンを安心させることができるなら”と意欲的だと報じています。それだけファンのことを思う松本だけに、活動休止前に結婚を発表した二宮へ不信感を抱いてしまっているのかもしれないですね。実は、過去に二宮と松本が、“お互いの考え方の違い”について語っていた対談があるんです」(女性誌記者)

 二宮と松本の対談が掲載されたのは、2002年10月の『POTATO』(学研プラス)。

 お互いについて、二宮は<嵐の5人の中で、周囲の人たちはオレと松本くんは似てるって思うようなところがあるけど……性格は全然違うよなぁ? 正反対っていうか……>と話し、松本も<うん、同じ年に生まれて、血液型も同じだし、メンバー内ではいちばん近いはずなのに、根本的な考え方が違うと思う>と、二宮と自分は“根本的な考え方が違う”と話している。

 さらに松本は、<オレはオレのやり方、ニノはニノのやり方でどっちかが譲ることはないね? 両極端>と語り、二宮も<そう、違うよな。極論だけど、何かあったときオレは口に出さないほうで、松本さんは意見とか発言するよな>と、自分は意見をあまり言わず、松本は自分の意見を言うと応じている。

 また二宮は、<オレはさ、人にはそれぞれ思いとか考えとかあるなって思うと、言えなくなる……松本さんは意見を言ったとて改善されるだろうと思ってんの?(笑)>と、人にはそれぞれの考え方があるため、自分の意見を言えなくなると話している。

 一方、松本は<こうしたいって思えば言うし、相手が無神経だと単にムカつくっていうのもある(笑)。相手に何かを伝えようとするのってすごくエネルギーがいる。でも、それをしないと先に進まないこともあるから言うよ>と、必要がある場合にはしっかりと自分の意見を言うと語っている。

「二宮の結婚についても、嵐の5人で話し合ったという報道もありますが、大反対したとされる松本は、その話し合いの席でも自分の意見を二宮に伝えたのかもしれません。相手に何かを伝えようとするにはエネルギーは使う、しかしそれをしないと先に進まないこともある、という考えは当時と変わっていないのではないでしょうか。ただ、二宮も自分の考え方があり、譲ることはなかった。また、活動休止前に結婚に突き進む二宮のことを“無神経でムカつく”とも思ったかもしれませんね。

 同じ対談の中では、二宮の誕生日に松本が留守電を入れた、Tシャツをプレゼントした、とも話しています。“両極端”でも、当時はプライベートでも仲がよかった2人ですが、来年の活動休止を前の現在の関係は冷え切ってしまっているのでしょうか……?」(前同)

 同じ年に生まれて、血液型も同じだという二宮と松本。しかし、その生き方は大きく異なるようだ――。

関連リンク

  • 12/15 7:01
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

6
  • 二宮さんの結婚に不満がある人達に対しては、「事務所の反対を押しきって結婚したわけじゃなく、事務所の許可を得て結婚したんですから、文句があれば、ジャニーズ事務所に直接、言えばいい」って、言いたいですね(ーー;)

  • いーみ

    12/15 15:59

    同じ年に生まれて血液型も同じだけど生き方は違う、って当たり前でしょう。同じ血液型の双子だって違う人間なんだから生き方も違うはず。みんな同じだったらむしろ怖いわ。 他人がどう言おうと、それぞれの人生なんだから好きにしたらいい。

  • バカボン

    12/15 15:35

    そうなんだ。

記事の無断転載を禁じます