生徒が家庭内暴力を受けていると知った先生は… その後の行動に感動の声が続出

拡大画像を見る

エッセイ漫画を描いて、Instagramに投稿しているチェン・いわき(chen.iwaki)さん。

投稿の中から、中学1年生からの友人である、すっちゃんとのエピソードをご紹介します。

すっちゃんの家出

何年かぶりに中学時代の担任の先生と会い、すっちゃんと3人で食事をすることになった投稿者さん。

事前にすっちゃんから目印として教えてもらった、緑色の服を着ている人を探していると…。

先生の話によると、すっちゃんは中学時代に兄から暴力を受けていたといいます。

顔が大きくはれるほど暴力を受けていることを知り、直接すっちゃんの兄に「弟のことを殴るのはやめろ」と注意をしに行った先生。すっちゃんは、先生の行動に感動しました。

しかし、その後先生のもとに「すっちゃんが家出をした」という連絡が入ります。

周辺を探し回る先生。すっちゃんは一体どこへ行ってしまったのでしょうか…。

なんと、すっちゃんは木の上に家出をしていたのです!

まさかの場所に先生も笑いがこみ上げてきてしまいました。

今ではすっかり笑い話になったようですが、当時は「逃げ場所がなかった」とすっちゃんはいいます。

投稿者さんは、中学生だった当時「先生が担任なんて嫌だ」と面と向かっていってしまったとのこと。しかし、今では楽しそうに話す姿を見て「先生が担任でよかった」と思っているそうです。

漫画を読んだ読者からは、次のようなコメントが寄せられていました。

・なんて素敵な先生なんでしょう。泣きました。

・まさかの木の上にいたとは…笑ってしまった。

・すっちゃんは、先生にたくさん助けられたんだろうな。

思春期の大切な時期を支えてくれた先生。今でも一緒に食事に行けるのは、先生への信頼が厚いからなのでしょう。

『カーキ』と付けられたグループLINEで、3人は楽しい会話を繰り広げるに違いありませんね!

[文・構成/grape編集部]

出典 chen.iwaki

関連リンク

  • 12/13 15:14
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます