木梨憲武「主役は安田成美」オフレコ暴露にスタジオ騒然

拡大画像を見る

 12月11日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に、とんねるずの木梨憲武(57)が出演。掟破りの発言を連発し、共演者たちを慌てさせていた。

 この日、木梨は57歳にして初のソロアルバムとなる『木梨ファンク ザ・ベスト』のPRで、“HARUNAまとめ”のコーナーに登場。B’zの松本孝弘とのコラボ曲『GG STAND UP!! feat.松本孝弘』と、妻の安田成美(53)に捧げたラブソング『I LOVE YOU だもんで。』を生歌で披露した。

 そしてコーナー最後にハリセンボンの近藤春菜(36)から視聴者へのメッセージを求められると、「夜は『FNS(歌謡祭)』(フジテレビ系)で歌ってます」と、思い切り他局の番組出演を宣伝。近藤から「フジの! フジの告知! フジのしちゃダメ!」と注意されると、「あー、ごめんなさい。あっちもこっちも、ごっちゃになっちゃって」と言い訳し、MCの加藤浩次(50)は、「まぁまぁまぁ、憲武さんはオッケーですよ」と苦笑いしていた。

 その後、木梨は“クイズッス”のコーナーにも、引き続き出演。7月に公開される映画『今日から俺は!!劇場版』の撮影がスタートした話題から、天の声を務める南海キャンディーズの山里亮太(42)が映画監督には興味があるのかと質問すると、「もしかしたら来年」「ちょっとそういう、いいお話があるんで。まぁ、本当に、分かんないです」と、映画を監督する話があると明かした。

 この突然の発表に加藤が驚きながら「言ってよかったんですか? 今、それ」と、オフレコなのではないかと確認すると、木梨はしれっと「“まだ言うな”とか、いろいろ言うんだけど」とオフレコであることをあっさり認め、出演者は爆笑。

 しかし木梨はまだまだ止まらず、「もし(映画を)やるときは、俺が監督で、安田成美さんを主役にします」「成美さん口説いてダメだったら、俺の助手に。助監督になってもらう」「それがこう今、うごめいてミーティングしてる最中です」など語り続け、山里に「情報解禁とかまだです、ノリさん」とたしなめられ、加藤からも「ミーティングの最中で、今これ発表してよかったんですか?」と確認されてしまう始末。

 これに木梨は「もしまとまんなきゃ、やめます」と正直に答え、出演者たちは再び爆笑。さらに木梨は「ライブと、アートもあるんで。そっちとバランス見ながら」と、まだ話し続けようとして、山里から「ノリさん、裏で大人たちがザワザワしてます! これ以上は情報の解禁は一回ストップでございます!」と、むりやり止められていた。

関連リンク

  • 12/13 7:40
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • なんの考えも無いんだろう…(笑)

  • 陸耳!?

    12/14 13:16

    オフレコ破ったって、咎められる人間は業界に皆無だろうし、そもそも、嫌気がさしたら、キャンセルだろうし。商業ベースで考えて無いから、何でもアリっ!

  • 世間的には貴さんの方が暴れん坊なイメージでしょうが、実は憲さんの方が酷いよね。

記事の無断転載を禁じます