土田晃之、健康番組に呼ばれなくなった理由告白「仕事を1個失った」

拡大画像を見る

お笑い芸人の土田晃之が、8日に放送されたラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(ニッポン放送/毎週日曜12:00~)で、健康番組に呼ばれなくなったことを明かした。

ここ10年ほど日常的に運動を続け、食事制限を継続し「(人間ドックの)検査が最近楽しみになってきた」という土田。

その反面、「めっきり健康番組に呼ばれなくなりましたね」と漏らし、「昔、太っている時は『12年後に死ぬ』とかだったのよ。『えー!?』『ちょっと待ってくださいよー!』なんて言いながら、ちょっとオイシイと思ってた」と振り返った。

さらに「寿命が12年って言われた翌年に、同じ(明石家)さんまさんの番組に出たんだけど」と続けた土田は、「1年間で運動をして、食生活も変わって、25キロくらい落としたのよ。そしたら寿命がバカみたいに伸びたのよ」と回想した。

また、お笑いコンビ・オードリーがMCを務める別の健康番組に出演した際も「何も引っ掛からなかった」と振り返った土田。「ただ、土田さん1個だけ特別な数値が出てますよ」と脅すように告げられた数値も、単なる筋トレのし過ぎによるものだったらしく、「全然呼ばれない! 何にも引っ掛からないから今。仕事を1個失ったなと思いながらもやっているんですけど」と話した。

関連リンク

  • 12/11 16:23
  • マイナビニュース

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます