寝ない3歳児にイラつく母親の「今夜も玄関に蹴り飛ばしてしまった」に騒然 「自分を責めないで」と励ましの声も

拡大画像を見る

ヤフー知恵袋に11月下旬、「3歳 寝ない 今夜も玄関に蹴り飛ばしてしまいました。子供用の睡眠薬について」という不穏なタイトルで相談がありました。ID非公開の相談者は「生まれたときから全然寝てくれずいつも苦労してきました」と嘆いています。

「20時までには寝かせましょう」という育児書に従い、夜は8時か9時には寝かせたいと頑張っているものの、毎日1~2時間は超えてしまうとのこと。やる事が山積みの中、1時間以上の寝かしつけは時間の無駄で「イライラと自己嫌悪と悔しさでいっぱいになります」と苦労を綴ります。

3歳児健診では、医師に「この子は将来非行少年になります。もっと早く寝かせる努力をしてください」と説教をされてしまい、ますます追い込まれている様子です。(文:篠原みつき)

「子供用の睡眠薬を試してみたい」と追い詰められる母親


保育園に昼寝させないようお願いしましたが、「1人だけ寝ない子の対応はできない」と断られたそう。赤ちゃんのときから寝てくれなくて苦労しているので、外遊びを十分させるなどを挙げた上で「出来ることは何でもしてきました」としています。

その上で「最終手段で子供用の睡眠薬を試してみたいと思ってるのですが、お店などは売ってますか?病院に行けば処方してもらえるのでしょうか?」と問いかけています。

この相談は1万5000回近く閲覧され、注目を集めました。やはり「玄関に蹴り飛ばした」という言葉が気になる人が多かったようで、

「3歳児を蹴り飛ばすのは虐待です」
「蹴り飛ばしたりしたら興奮して余計に寝ません」
「市販で子ども用の睡眠薬なんかありません、怖いからやめて」

などと心配や批判の声が上がりました。何を蹴り飛ばしたかについては明言をしていませんが、子どもだとしたら間違いなく虐待です。寝ないことよりも、親に蹴られることのほうが深刻な問題と言えるでしょう。

母親を責めても何も解決しないことを、多くの人が知っている

一方、回答の多くは批判よりも「うちの子もそうでした」という経験談や励ましです。

「大丈夫ですよ、全く一睡もしないのでなければ」
「うちの子もそんな感じでしたよ。睡眠のリズムがなかなか定まらなくて、5歳ぐらいでやっとかな?」

「そこまで追い詰めた医者や育児書が悪い!」といった医師に対する批判や「早く寝るようになったのは小学校に入学してから」という声も多数上がりました。

筆者も子どもの寝かしつけには苦労した経験があるため、相談者の苛立ちはよく分かります。子どもを寝かせた後に家事や自分の時間も欲しいので、午後8時ごろに寝てくれればベストです。しかし、時間がかかり、自分が疲れて寝落ちしてしまったこともあります。真夜中にハッと目が覚めて、残った家事を思ってぐったり……なんてこともよくありました。

ママ友に聞くと、母親がいなくてもすんなり寝る子、夜になるほど活発になり寝ない子など様々で「ふつうはこう」などと言い切れるものではありません。母親が一番悩んでいるのに「寝かさないと非行少年になる」だの「暗くすれば必ず寝る」だのと断言する医師には個人的に怒りすら覚えます。

相談者は、仕事と家事と育児を頑張り過ぎて追い込まれています。多くの回答者が虐待を激しく非難していないのは「母親を責めても何も解決しない」と分かっているからでしょう。相談者には、まず自分自身を優先してリラックスすることをオススメしたいです。

なお、質問者の投稿は12月10日現在、削除されており、元の投稿や回答を確認することができなくなっています。

関連リンク

  • 12/10 17:44
  • キャリコネ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

24
  • アレックス

    12/14 11:43

    母親をそこまで追い詰める医者や社会が悪いって事に気付けないボクちゃんに掛ける言葉など無い。無理なものは無理。出来ないことは出来ない。それでいい。余計なプレッシャーを感じずに子育て出来る環境が望ましい。

  • あきひろ

    12/14 11:19

    育児書なんか見るまでもなく"玄関に蹴り飛ばす"のがアウトな事ぐらい判るだろ。これって問題があるのは子どもではなく母親なんだよ。保育園だの睡眠薬だので子供をどうこうする前に母親がカウンセリングを受けるべきだと思うけど…

  • ヤン中佐

    12/13 6:16

    育児書なんて学校の勉強の参考書のようなもので、ある程度基本が出来てる人用。何もわからん人がマニュアルにするもんじゃないし。非行少年になるなどとほざく土手医者もねぇ……そういうクソみたいな環境をまず変えよう。

記事の無断転載を禁じます