桐谷美玲「わりとたれ流し系」体型維持の秘訣明かす

拡大画像を見る

 女優の桐谷美玲(29)が美しいスタイルを維持しているのは、食べても太らない体質のおかげだと明かし、視聴者を驚かせたようだ。

 この発言があったのは、12月3日放送の『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)でのこと。今回の放送は、“世界のすごい女子2時間SP”と題し、衝撃&感動的な経験をした女性たちをVTRで紹介するという内容。

 まず、高校2年生のときにチョコレートタイプの下剤を間違って食べてしまい、絶え間ない便意に襲われてしまった女性のエピソードが紹介されると、MCの中居正広(47)が「桐谷さん、腹痛の経験ありますか?」と質問した。

 すると、桐谷は知人宅のホームパーティーで大好きな火鍋を食べた際、唐辛子の量が間違って通常の5倍ぐらい入っていたそうで、おいしく食べていたが途中から「ギュルギュルギュル~」と腹痛に見舞われ、2日間ほどおなかをくだしたと告白した。そして、「超デトックスしました」と語り、スタジオの笑いを誘っていた。

 また、小学3年生のときに友達とダイエットを始めたところ、完璧主義な母親の教育を受けていた影響で極端に食事制限した結果、拒食症で苦しむことになってしまった女性のエピソードが紹介されると、スタジオではダイエットが話題になった。

 そこで、中居が「ダイエットの経験ないでしょ?」と話を振ると、桐谷は「ないです」と即答し、太りにくい体質だと明かした。続けて中居が「やっぱり、あんまり食べない?」と問うと、桐谷は「食べます!」と断言。中居は「(太らない)体質だもんね」と納得していた。

 すると、桐谷は「わりと、たれ流し系」と、食べたものが吸収されづらい体質なので、スタイル維持にあまり困ったことがないと説明した。これ対し、中居は「たれ流しとは、ちょっと違うよね」と、桐谷のストレートすぎる独特な表現にダメ出しした。

 これを見ていた視聴者は、ツイッター上で「ダイエットしなくてこれなの!?」などと、多くの驚きの声を寄せていた。また、「ほっそいけどめちゃくちゃ食べるって、結婚前に三浦翔平も言ってたな〜」と、夫で俳優の三浦翔平(31)のコメントを思い出した人もいた。

「桐谷は17年発売の『週刊新潮』(新潮社)で、“ヤセていることを気にして常々太りたいけど、食べても食べても肥えないのが悩み”と報じられていました。番組で他の出演者はうらやましそうにしていましたが、桐谷自身は特にうれしくなかったのかもしれませんね」(芸能ライター)――消化器系に問題あり?

関連リンク

  • 12/10 7:40
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます