「裏しぶこ」「黄金世代分裂」…女子プロゴルフ「2019オフレコ秘話」を大放出!

拡大画像を見る

 今年の女子ゴルフ界は、成人式を迎えたばかりの「黄金世代」が席巻。樋口久子以来42年ぶりに海外メジャー制覇を果たした渋野を筆頭に、若きヒロインたちが大活躍を見せた。とはいえ、新聞やテレビで報じられているような華々しいことばかりではない。オンナ同士の熾烈なバトルの舞台裏を関係者が一挙大放出する!

──最終戦までもつれた賞金女王争いは今年1年を象徴するような戦いでした。

A(スポーツ紙記者) 確かに。17年の賞金女王・鈴木愛(25)を「黄金世代」の渋野日向子(21)と、韓国&米国に続いて3ツアー女王を狙った申ジエ(31)が追う展開。最後は鈴木が逃げ切って女王に返り咲きました。

B(民放スポーツ局デスク) ツアー39戦中、鈴木は25試合で7勝、黄金世代が12勝(渋野は31試合で4勝)。海外勢が10勝止まりだったのは11年ぶりのこと(申ジエは27試合で3勝)。

C(ゴルフ雑誌カメラマン) ただ、カメラマンや記者泣かせの選手も多かった。最終戦の表彰式後、上位3人のスリーショットは撮らせてくれたけど、彼女たちはプレー中に言葉を交わさないから。まあ、渋野は今オフの結婚を発表したイ・ボミ(31)に「なれそめは?」なんて、ラウンド中でも直球の質問をするほどフランクだけど。

D(日本女子プロゴルフ協会関係者) 若き「黄金世代」に対して、鈴木はダンマリを決め込んで、申ジエはスロープレーでプレッシャーをかけていた。

A 申ジエは手首などのケガを抱えているとはいえ、遅延ぶりは評判が悪い。原英莉花(20)なんて露骨に嫌がっていましたよ。

D 鈴木も体調的にはいろいろあった。タクシーに乗っていて事故に巻き込まれて腰を負傷したのが4月。それが原因で5月には最終日のスタート前に棄権し、9月末から腹痛で4戦も欠場した。「うどんしか食べてない」と話していたけど。

──「難病を乗り越えて女王に返り咲いた鈴木愛」「全英女子出場の『しぶこ』は到着後すぐ観光旅行」「勝みなみ『同い年でも90期は同期じゃない』」発言など、12月10日発売の週刊アサヒ芸能12月19日号には、女子プロゴルファーたちの“舞台裏の素顔”が満載で明かされている。

関連リンク

  • 12/10 5:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます