【東京】痺れ系辛味を味わいたい!山椒と唐辛子の効いた辛旨メニュー3選

拡大画像を見る

辛いものというと夏のイメージがありますが、冬に食べる旨辛料理も絶品ですよね。体の芯から温まるだけでなく、気持ちのいい爽快感も得られストレス発散にもなる旨辛料理のお店3選をご紹介します!


汁なし担々麺専門店!


花椒とラー油の2種類の辛さが絡む



1つ目は「汁なし担々麺 ここから」。
席はカウンターのみ。
元々はフランス料理店舗を月曜日だけ間借りして営業していましたが、念願の出店を遂げたのだとか。


汁なし担々麺 ¥800(税抜)



干しエビの旨味を加えたゴマだれを使用。
途中で卓上の中国の黒酢や自家製みかん酢を入れて食べるのがオススメ!
辛さと痺れを、少ない・普通・多いから選べます◎


<スポット情報>
汁なし担々麺 ここから
住所: 東京都世田谷区三軒茶屋2-9-24 日原マンション 1F
電話: 070-1557-3806


人気の中国式火鍋店


なんといっても火鍋!



2つ目は「海底撈火鍋(カイテイロウヒナベ)新宿店」。
待っている間はジュースやお菓子の提供があり、退屈することなく待つことができます◎


旨味の深い辛みが無限ループ



つけだれの調合パターンが無限大という点が中国式のウリ!
¥2,980(税抜)のセットにたれバーが付きます。
日本人に馴染みのない調味料もたくさんありますよ◎


<スポット情報>
海底撈火鍋 新宿店(カイテイロウヒナベ)
住所: 東京都新宿区歌舞伎町1-21-1第二東亜会館ビル6F
電話: 03-6278-9799


ここでしか味わえない!四川酸辣粉(サンラーフン)


四川の重慶でポピュラーな食べもの



最後は「辣上帝(ラシャンティ)」。世田谷線豪徳寺駅から徒歩約6分。
現地を何度も訪問し、原料を吟味して作ったモチモチの太い春雨麺で作る四川B級グルメ。


この唐辛子の量を見よ!!!



恐れることなかれ。
これだけの唐辛子を全て入れてもこれで5段階中の3段階。
旨味があるのでペロッと食べられます!
トッピングに¥100(税込)でパクチーをつけましたよ。


最後の締めを忘れずに!!



俵おにぎりを食べ終わった汁に入れ、酸っぱ辛い&痺れる温かいスープを余すことなく残さずにいただくことができます。


<スポット情報>
辣上帝
住所: 東京都世田谷区豪徳寺1-6-13 ハイムクロスシー101
電話:


ぜひ、冬の辛旨料理を堪能してみてくださいね。

関連リンク

  • 12/8 18:00
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます