大物俳優二世『グランメゾン東京』で見せた“脱七光”演技

拡大画像を見る

 木村拓哉(47)主演の日曜劇場『グランメゾン東京』(TBS系)が、この秋クールのドラマの中で抜群の安定感を見せて人気だ。天才シェフの尾花を演じるキムタクは、カリスマっぷりもオラオラ感もカッコよくきめ、ときに見せる優しい男という一面で視聴者の心を鷲づかみにしている。

 ほかにもKis-My-Ft2の玉森裕太(29)が、本格的に演技力を開花させ、若いファンを中心に注目を集めている。と、思えば及川光博(50)、沢村一樹(52)と、マダム世代に絶大な人気を誇る俳優も起用して、全世代への対応もぬかりない。

 そしてこの豪華キャストの中で、圧倒的にフレッシュな演技で存在感を増しているのが、見習いシェフの芹田公一を演じている寛一郎(23)だ。おじさんキャストが気を張る今作において、彼の若者らしいぶっきらぼうさや、やたらに熱いキャラクターは、ドラマに躍動感を与えている。この『グランメゾン東京』で寛一郎を初めて知った人も多いだろうが、それもそのはず、これまで数々の映画やドラマに出演しているが、連ドラのレギュラーは今作が初めてなのだ。

 彼の本名は佐藤寛一郎。特に珍しくない“佐藤”という名字を隠しているのには、理由がある。実は寛一郎は、名優、佐藤浩市(58)の息子なのだ。そして、もちろんその祖父は故三國連太郎。寛一郎は、超がつく俳優サラブレッド一家に生まれたことになる。

 しかし、寛一郎はこのことを隠すため、あえて“佐藤”の名字を外して俳優デビューをした。“七光り俳優”と呼ばれることを避けたのだ。父の佐藤浩市自身も、ある雑誌のインタビューで寛一郎が自分の名前を出されることを嫌がっていると、語っていた。

■キングカズの息子も出演

 ひと昔前はあまり良いイメージがなかった二世俳優だが、近年は松田優作の息子、松田龍平(36)に松田翔太(34)、柄本明(71)の柄本佑(32)、柄本時生(30)など、日本映画、ドラマに欠かせない演技派俳優が増えている。そんな中で、あえて父や祖父の名を借りない役者人生を選んだ寛一郎からは、自分の力だけで成功したいという、並々ならぬ心意気を感じる。実際に『グランメゾン東京』での演技は、ひとりの役者として、素晴らしいものだった。

 ちなみにもう1人、寛一郎と同じ二世俳優が『グランメゾン東京』に出演して話題になった。それは現役Jリーガー、三浦知良選手(52)の長男である、三浦獠太(22)だ。今回の出演はほんのわずかだったが、新人らしからぬ存在感を見せていたので、近いうちに連続ドラマへのレギュラー出演もかなうかもしれない。

 ほかにも『グランメゾン東京』には、『ルパンの娘』(フジテレビ系)でのミュージカルシーンが大きな反響を呼んだ、ダンサーで俳優の大貫勇輔(31)も出演していて、そのイケメンぶりから主婦層を中心に人気となっている。キムタクやベテラン俳優ばかりが注目される『グランメゾン東京』だが、脇の俳優陣に注目して見ると、新たな面白さを発見できるだろう。

※画像はTBS『グランメゾン東京』番組公式ホームページより

関連リンク

  • 12/8 16:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます