徳島が山形を下しJ1参入PO決定戦に進出! 湘南との大一番は12月14日開催予定

拡大画像を見る

 J1参入プレーオフ2回戦が8日に行われ、徳島ヴォルティスとモンテディオ山形が対戦した。

 明治安田生命J2リーグを4位で終えた徳島と6位で終えた山形の対戦。両者ともに1回戦から勝ち進み、決定戦出場をかけた一戦に挑む。

 前半は両クラブ共にチャンスを演出するが、GKのファインセーブなどもあり得点には繋がらず。試合はスコアレスで前半終了を迎えた。

 53分、高い位置でボールを奪った徳島は一気に攻撃を仕掛ける。野村直輝がスルーパスを送り、河田篤秀が抜け出す。ペナルティエリア中央でGKと1対1の状況になると、華麗なるループシュートを決める。河田は徳島に貴重な先制点をもたらした。

 試合はそのまま終了のホイッスルを迎え、徳島が1-0の勝利を収めた。来たるJ1参入決定戦は12月14日(土)13:00キックオフの予定で、今季のJ1を16位で終えた湘南ベルマーレと対戦する。

【スコア】
徳島ヴォルティス 1-0 モンテディオ山形

【得点者】
1-0 53分 河田篤秀(徳島ヴォルティス)

関連リンク

  • 12/8 15:04
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます