松本人志、今年の流行語を語る「軽減税率は徳井で計画運休は宮迫」

拡大画像を見る

お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が、8日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00~11:15)で、「『現代用語の基礎知識』選 2019ユーキャン新語・流行語大賞」について語った。

「闇営業」がトップテン入りしたことに苦笑いの松本。「結構、吉本関連が」と吉本興業に絡んだ用語が多いと指摘し、「『軽減税率』も徳井みたいなものですからね」「『計画運休』は宮迫」と活動自粛中のチュートリアル・徳井義実、雨上がり決死隊・宮迫博之をネタに笑いを誘う。

また、闇営業問題に際して松本がツイートして話題になった「松本動きます」が入らなかったことについては、「僕が(会場に)来ないと思ったんでしょうね。僕こういう時は動かないですから」とコメント。

「いわゆるお笑いの流行語がなかったのが今年」と傾向を分析し、「お笑いはこれを機に除外してあげたい。取った子たちは新人の子が多いし喜ぶんでしょうけど、やっぱり取った時点で終わっちゃうみたいな。流行語大賞に肩触られたら、もう終わりですからね」と流行語大賞が“一発屋芸人”の遠因になっているという見方を示していた。

関連リンク

  • 12/8 10:36
  • マイナビニュース

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます