マツコ、副業年収1000万の男性に「小ズルい男ね」

拡大画像を見る

タレントのマツコ・デラックスが、きょう7日に放送される日本テレビ系バラエティ番組『マツコ会議』(毎週土曜23:00~)で、副業で稼ぐ人たちに関心を示す。

今回は、副業で稼ぐ会社員が集まる副業交流会から中継。「副業元年」と呼ばれた2018年を皮切りに、働き方改革の影響などで副業を認める企業が増加しており、昨年のとある調査では、約744万人が副業をしているというデータもあるほどだ。

中継では、SNSのコミュニティで集まり、会社員の人たちが副業の情報交換をしているという副業交流会に潜入。1人目の男性に話を聞くと、早速マツコから「副業で年間いくらくらい稼いでます?」とストレートな質問が飛ぶ。

すると男性は「1,000万円くらい」と答え、スタジオは一同驚がく。マツコが「どんな副業をやっているのか」と聞くと、パソコンの先生だという。働き方改革で残業をほぼ0にしたため暇になり、業務中のほとんどの時間を割いていたメール作業の効率化を研究。そこで培った独自のノウハウを人に教えることを思いついたのだという。

それに対し、マツコは「これだからもう、小ズルい男ね」と思わず本音を吐露。本業よりも副業で稼いでいる彼が会社員を辞めない理由とは…。

さらに、オンライン占い師を副業にしている女性に話を聞くと、本業は人材業でオンライン上で作業できるという。そのため、仕事は全て自宅や旅行先などで完結すると聞き、うらやましがるマツコ。占いを副業にしたのは、彼氏にフラれたことで占いにハマり、月に20万円を使っていた過去から、その悔しさを糧に彼のために使った占い代を取り返すべく占い師になったのだという。中継では、タロット占いでマツコや今泉ディレクターの運勢を占うことに。果たしてどんな結果が…。

他にも、副業を推奨する企業で働きながら、ハリネズミカフェや犬の洋服販売など趣味を副業にする男性たちや、10社の転職を経て、本業と副業が同じ職業になってしまった経営コンサルタントの男性にも話を聞いていく。

経営コンサルタント男性の独特なキャラクターに、マツコが思わず大爆笑する場面も。機転を利かせた彼の驚きの副業内容にも注目だ。

関連リンク

  • 12/7 8:00
  • マイナビニュース

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • 有里 ※

    12/7 13:54

    ちょっとタロットが出来るくらいで、占い師…。 ちゃんとした占い師からしたら、10年勉強してもヒヨコって言われるらしいのに(^^; 動機も悩める女子から稼いでやる的な…。 こんな占い師にには当たりたくない。

  • 勤務先の業務で得た技能や能力を使って副業をする時には、あくまでも「勤務先の承認と内容や収入の報告義務がある」ってのが社会では副業の必要条件なのですが。この人はやっているのかどうか不安です。下手したら「業務上知り得た情報の守秘義務」や「納税」に違反が出る危険があり、最悪「副業の収入累計額以上の損害賠償や追徴課税」の危険がありますからね。副業の収入は貯金しとけよ。

記事の無断転載を禁じます