波瑠が爆発!TBS主演連ドラ&菜々緒にも不満ブチまけ⁉

拡大画像を見る

 12月5日発売の『週刊新潮』(新潮社)が、ドラマ『G線上のあなたと私』(TBS系)で主演を務めている女優の波瑠(28)が、同ドラマの撮影現場で“孤立している”と報じている。

 記事によると、波瑠が演じる役はバイオリン教室に通っているという設定のため、バイオリンの練習が欠かせない。加えて、ドラマの撮影や番組宣伝の仕事が夜遅くまで入る、といったスケジュールにストレスを感じている様子だという。

 また、主演なのに出番が少ない回があることに不満で、「私を描き切れていない」と怒りをあらわにしていたと、『週刊新潮』では報じている。

 実際に波瑠が不満を漏らしているのか、『週刊新潮』が所属事務所に問い合わせたところ、「いつ、誰にそんなこと言ったっていうんですか?」と反発しつつも、「不満というわけではなく、本人(波瑠)が、プロデューサーや演出の方などに対して、“ここはこうしたほうがいいのでは”と、言うこともあった」と明かしたという。

「ただ、波瑠サイドの要求というのはドラマに対してだけではないんです。ドラマ『G線上のあなたと私』の番宣も兼ね、波瑠が出演した、『オールスター感謝祭』(TBS系)の裏側でも、ひと悶着あったといいますからね……」(TBS関係者)

 9月28日に生放送された『オールスター感謝祭』に波瑠は、共演者の中川大志(21)らとともに出演。次々とクイズで正解を重ね、見事に総合優勝を果たし、賞金100万円を獲得したことも話題となった。

「『オールスター感謝祭』には、現在放送中のドラマ『4分間のマリーゴールド』(TBS系)でヒロインを務めている菜々緒(31)も出演していました。ところが、波瑠サイドから、“モデル上がりの菜々緒さんと一緒の並びにしないでください”と、要求があったというんです。女優間の並びの調整はままあること。ただ、番組関係者もこれには驚いたそうですよ。だって波瑠自身も、ファッション雑誌『セブンティーン』(集英社)の専属モデルを務めていた、いわば“モデル上がり”なわけですからね」(前出のTBS関係者)

 波瑠が主演を務める『G線上のあなたと私』、菜々緒がヒロインを務める『4分間のマリーゴールド』。ドラマ対決はどちらに軍配が上がるのだろうか!?

関連リンク

  • 12/6 7:02
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます