病院に古新聞を置いて去ったおじいさん 新人看護師が不思議に思っていると?

拡大画像を見る

元看護師のしなぴー(shina.py)さんが描いた、看護師時代のエピソードをご紹介します。

新人看護師として、病院に勤め始めた時のことです。見知らぬ80代くらいの男性がやってきて、新聞紙の束のようなものを置いていきますが…。

おじいさんが『新聞紙の束』を持ってくる理由

高齢男性が病院に置いていったものは、不要になった新聞紙で作ったお手製のゴミ袋でした。

男性は、数年前に妻が入院したことをキッカケに、手作りのゴミ袋を病院へ定期的に持ってきてくれるようになったそうです。

しなぴーさんは、男性の振る舞いに対し「おじいさんなりの恩返しだったのかもしれない」と振り返りました。

おじいさんなりの恩返しだったのかと思うと
目頭がジーンとしました。
あのおじいさん、今も元気にしてるかなぁ?

shina.py ーより引用

律儀な男性の行動に、読者からはさまざまな反響が寄せられています。

・涙が出そう。素敵なおじいさんですね。

・病院勤めですが、自分のところでもそういったことがあります。

・「ありがたく使わせてもらおうね」という先輩も素敵だと思います。

男性は、妻の面倒をみてくれた病院のスタッフに、とても感謝しているのでしょう。その気持ちを伝えるために、時々ゴミ袋を手作りしては足を運んでいたのかもしれません。

胸にじんわりと温かい気持ちがしみわたるエピソードでした。

[文・構成/grape編集部]

出典 shina.py

関連リンク

  • 12/5 10:01
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

87
  • 剣飛竜

    12/11 5:25

    それにしても、どう行き着きついても、人生マイナス成長の人間は強いよね。失うものはないんだから。

  • 剣飛竜

    12/11 5:21

    自分が止めて終止符をうつ、という選択肢は彼にはないらしい。悪魔でも被害者気取り。

  • 太郎

    12/10 22:05

    ならなぜ先に己から絡む? 己から絡んでおきながら、止めて貰えたら助かるだの、迷惑だのって矛盾してね? マッソウさん、そりゃねぇわ(笑)貴方が被害者に回れるなんてことは、この記事のコメ欄に関してはねえわ!

記事の無断転載を禁じます