ジュビロ、フベロ監督が来季も続投。今季途中で就任もJ2降格から救えず

拡大画像を見る

 J1のジュビロ磐田は3日、トップチームを率いるフェルナンド・フベロが2020シーズンも引き続き指揮を執ることが決定したとして発表を行った。

 今季磐田は序盤戦から低迷が続き、J1前半戦を折り返した第17節終了後に名波浩監督が退任。鈴木秀人氏がヘッドコーチから監督に就任したがチーム状態は改善されず、わずか1ヶ月半での退任となった。

 後任として迎えられたのは、パラグアイの複数の強豪クラブで監督を歴任していたスペイン出身のフベロ氏。終盤戦に入って最近4試合で3勝を収めるなど降格圏脱出に向けて奮闘は見せた磐田だが、先週末の試合を終えた時点で1試合を残してJ2降格が決定した。

 今季ラストマッチとなる7日のJ1最終節はアウェイでヴィッセル神戸と対戦。来季は1年でのJ1復帰を目指して再スタートを切ることになる。

関連リンク

  • 12/3 17:49
  • フットボールチャンネル

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • 静岡のサッカーも地に落ちたね🎵🎵清水にしろ磐田にしろ😞😞

  • 磐田❔至り来たりで大変だね🎵🎵

記事の無断転載を禁じます