スノボ国母被告を保釈 大麻取締法違反などの罪で起訴

拡大画像を見る

 大麻取締法違反などの罪で起訴され、東京地裁が保釈を認めた元五輪代表のプロスノーボーダー国母和宏被告(31)は3日、勾留先の警視庁東京湾岸署から保釈された。

 国母被告は冬季五輪・スノーボードのハーフパイプに日本代表として出場。06年トリノ五輪で予選落ち。10年バンクーバー五輪では8位に入賞した。

関連リンク

  • 12/3 17:32
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • ソフィア

    12/3 20:45

    ホワイトパウダーの世界に戻りそう

記事の無断転載を禁じます