それって必要?と指摘しないほうがいい彼氏の無駄遣い9パターン

他人からすると余計な出費でも、本人にとっては「生きがい」に関わるものだった場合、勝手に無駄と決めつけるのは、反感を買う原因になりかねません。そこで今回は、10代から30代の独身男性190名に聞いたアンケートを参考に「『それ、必要?』と思っても、指摘しないほうがいい彼氏の無駄遣い」をご紹介します。

【1】センスがないのに毎月買っている「ファッション誌」
「『どこにお金かけてるのか全然わかんない!』って言うけど、俺の靴いくらするのか知ってるの?」(20代男性)というように、パッと見分からなくても、こだわりアイテムを身に着けている男性は意外と多いものです。もしくは、いま現在はともかく、雑誌を買うことで「俺はオシャレになる!」と気合を入れているのかもしれないので、その心意気を尊重してあげたいところです。

【2】何種類も揃えて手付かずの「英会話教材」
「半分だまされて買ったけど、高かったから捨てられない…」(30代男性)というように、多くの男性にとって、新品のまま並んだ教材について突っ込まれるのは面倒なことだったりします。どうしても黙っていられないなら、「英語勉強したいから貸して」と言えば、ゴミにせずに済むかもしれません。

【3】新しいものにすぐ買い換える「ITアイテム」
「低スペックのものを使い続けるほうがソンだよ」(20代男性)というように、彼氏の新し物好きは、作業効率などの観点で見れば無駄ではないかもしれません。「まだ使えるのに…」と突っ込みを入れたくなったら、型落ちのタブレットなどを扱うショップや、ネットオークションの利用を勧めるのも手でしょう。

【4】オマケ目的で大量購入する「缶コーヒー」
「『大人買い』は僕らの特権。最良のストレス発散」(30代男性)というように、豪快にコレクションすることで、少年時代の欲求を満たす人もいます。缶コーヒーを捨てずにコツコツ消費しているようなら、目をつぶってあげましょう。

【5】できもしないのに形から入った「サーフボード」
「仕事以外に生きがいがほしい。時間ができたらやろうと思ってるから!」(20代男性)というように、趣味の道具だけ買ってトライするタイミングを失っている男性も多そうです。あなたも興味を持てそうなら、いっそ一緒にはじめてみてもいいかもしれません。

【6】愛車があるのに、ローンを組んでまで買いたがる「新車」
「いい車に乗ってると、通勤中の気分が違う」(20代男性)というように、愛車が日々の「やる気」に結びついている男性もいます。とはいえ、今の車のローンを払い終えていないのに、借金を重ねて買い換えようとしている場合は、恋人として止めたほうがいいでしょう。

【7】彼女には収集を隠している「アイドルグッズ」
「これはあくまで趣味であって、彼女とは別腹」(30代男性)というように、アイドルの応援は恋愛感情と無関係だと主張する男性は多いようです。多少不愉快でも、「熱心なプロ野球ファンと似たようなもの」と割り切ってあげてもいいかもしれません。

【8】続かないのに流行のものに飛びつく「ダイエットグッズ」
「痩せようという気持ちを失ったら、それこそ終わりだぞ」(30代男性)というように、どんなに当を得た指摘でも、ダイエットに失敗した男性には「余計なお世話」だと疎まれてしまいそうです。終わったことを分析するより、うまくいきそうなやり方を一緒に探してあげるのが得策でしょう。

【9】自己投資と称して買い集めるのに読まない「ビジネス書」
「長い休みのときに一気に読むから!」(30代男性)というように、まとめ読みをするつもりなので無駄ではないと主張する男性もいます。むしろ、「向上心があるね」などと褒めてその気にさせたほうが、将来性のある男性に成長してくれるでしょう。

男性を成長させたり、人生を豊かにする可能性が少しでもある買い物に関しては、口を挟まないのが吉かもしれません。(外山武史) 【調査概要】 期間:2013年8月20日(火)から8月27日(火)まで 対象:合計190名(10代、20代、30代の独身男性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 12/3 15:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます