バルサ退団濃厚のラキティッチが自身の希望を明かす「もう一度セビージャの…」

拡大画像を見る

 バルセロナのクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチは、古巣であるセビージャへの復帰を望んでいることを明かした。2日、スペイン紙『エル・デスマルケ』が報じている。

 ラキティッチは1988年生まれの31歳。2014年にセビージャからバルセロナに加入し、昨シーズンまで5年連続でリーグ戦30試合以上に出場するなど中心選手として活躍してきた。しかし今季は出場機会を失い、リーグ戦でのスタメン出場は2試合にとどまっている。プレー時間の増加を望むベテランには、ユヴェントスやマンチェスター・Uなどが獲得に興味を示していると報じられていた。

 一方、複数のメガクラブからの関心に対し、本人の希望する移籍先は違っているようだ。ラキティッチはインタビューで、古巣のセビージャでもう一度プレーしたいという願いを明かした。

「もう一度着たいと思うユニフォームはセビージャのものだね。いつかそれが実現したらと思っているよ。クラブが大きくなり、成績も向上し、強くなっていることがとても嬉しいんだ。離れているけれど、僕は誇りと喜びでいっぱいだよ」

「僕の夢は常に、セビージャのユニフォームにもう一度袖を通すことなんだ」

関連リンク

  • 12/3 14:35
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます