娘の恋人に嫉妬心を燃やす父親 『勝負』をしかけた結果に、感涙

拡大画像を見る

「娘さんを、僕にください」

『結婚する際、恋人の両親に許しを得る』というシチュエーションでよく使われるという、このセリフ。

体験したことがなくとも、ひと昔前のドラマで聞いたことがある人は多いでしょう。

生まれた頃から大切にしてきた我が子の結婚は、親にとって喜ばしいと同時に少しさびしい気持ちになることもあります。

しあわせゴハン『カワハギのお刺身』

『しあわせゴハン』シリーズなど、いろいろな作品をTwitterで公開している漫画家の魚乃目 三太(@SantaUonome)さん。

『しあわせゴハン』シリーズ

今回ご紹介するのは、娘の恋人から結婚の許しを請われた父親のエピソードです。

娘を愛するあまり、挨拶をしに来た男性を敵視する父親。男性に『ある勝負』を挑むことにします。

「こんなどこの馬の骨とも分からんやつに、かわいい娘をやるものか」と、大人げない態度をとる父親。

父親が釣りで勝負を挑んだ結果、男性はカワハギを釣り上げました。そしてバッグの中から取り出したのは、無数の調理道具!

きっと男性は、板前として働いているのでしょう。釣り上げたカワハギを見事にさばき、お刺身を作ったのです。

心を込めて作った料理には、作った人の人となりが現れるといいます。お刺身を食べ、父親は男性を『娘の結婚相手』として認めたのでした。

【ネットの声】

・娘がいる身としては、泣けてくる。

・赤ちゃんの頃からの娘を振り返る、父親の回想にまた涙…。

・笑いあり涙あり、凝縮された話と絵に心が温かくなりました。

きっと、この家族には今後たくさんの幸せが待っていることでしょう。

[文・構成/grape編集部]

出典 @SantaUonome

関連リンク

  • 12/3 11:34
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 別天津神

    12/4 6:53

    きっと仲の良い親子になれるでしょうね…(о´∀`о)自分ならどうするかなぁ…海か山に誘ってみるかな…(´-ω-`;)ウ~ン……

記事の無断転載を禁じます