「一人暮らしの彼氏」の浮気をチェックするポイント5パターン

実家暮らしに比べて、一人暮らしの男性は、部屋に女性を連れ込むことが容易なため、「浮気」のリスクが高そうです。では、彼氏の周囲に女性の影がないかどうかを知りたければ、どんなポイントに目を光らせるといいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケート調査を参考に、「『一人暮らしの彼氏』の浮気をチェックするポイント」をご紹介します。

【1】部屋の散らかり具合に変化はないか
「妙に片付いていたら怪しい。部屋をキレイにしたくなるような来客があったか、誰かが片付けてくれたかのどちらか」(20代女性)など、部屋の片付き具合から怪しい兆候を察する人は多いようです。いつもはその辺に放ってある洗濯物の山が消えていたり、見たことのない畳み方で整理されていたら、疑いを確信に変えてしまってもいいかもしれません。

【2】ベッドやバスルームに長い髪が落ちていないか
「ベッドなんかはそれなりに確認するんでしょうけど、洗面所やお風呂の排水溝までは掃除が行き届いていないことが多いので、目を光らせます」(20代女性)など、本来あるはずのない「長い髪」の発見に力を入れる人もいます。ただしショートヘアーの女性の場合は判別が難しいので、この方法が万全ではないことは念頭に置いたほうがいいでしょう。

【3】トイレットペーパーが三角折りになっていないか
「トイレットペーパーの三角折りは、わかりやすい宣戦布告。こちらに自分の存在を知らせたがっているとしか思えません」(10代女性)など、いわゆる「三角折り」は、相手の女性が発したメッセージかもしれません。彼氏が自宅のトイレでわざわざ三角折りにすることは考えにくいので、「誰か来たの?」と正面から追及してもいいでしょう。

【4】部屋に見慣れないアイテムが増えていないかどうか
「お笑いDVDだらけの棚に2枚だけフランス映画が追加されてた。どう考えても不自然だし、誰かが持ち込んだとしか思えない」(20代女性)など、「彼氏の部屋にあるはずのないアイテム」から浮気の兆候を見抜くケースです。シャンプーの種類が増えていたり、女性用の化粧品が置かれているのも「泊まりに来る人」がいる証拠と考えてよさそうです。

【5】調味料がいきなり充実していないかどうか
「カップラーメンにお湯を入れるか、せいぜいレトルトのカレーを温めるくらいしかできない彼氏が、オイスターソースやバルサミコ酢なんて使うわけがない(苦笑)」(20代女性)など、キッチンの調味料からも女性の影が見え隠れするようです。変だなと思ったら、「オイスターソースは何に使ったの?」と問い詰めて、じわじわと核心に迫りたいところです。

「何かおかしい」と違和感を覚えたら、部屋の隅々まで注意を凝らして確認しましょう。(玉川きみか)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 12/3 9:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます