「魔法使えるよ!」という8歳娘 小学校で使っている『魔法』に「泣ける」の声

拡大画像を見る

2008年頃に「ありがとう、オリゴ糖」などの脱力系ラップのネタで人気となった、お笑いコンビ『ジョイマン』の高木晋哉さん。

2010年に一般人の女性と結婚し、翌年には娘が誕生しました。

8歳となった娘さんはある日高木さんに、このようなことをいってきたそうです。

魔法を使えるよ!

いきなり「魔法が使える」だなんて、娘さんに何か特別な力でも身に付いたのでしょうか…。

高木さんが話を聞くと、娘さんの魔法はクラスでケンカが起きた時に使うもののようです。

娘さんは、ケンカしているクラスメイトたちを見つけると、1人の子にこっそりこのように声をかけるのだそう。

ケンカ相手の子が『ごめんね』ていってたよ。

すると声をかけられた子は、心がほぐれて自分から「ごめんね」と謝り、仲直りができるといいます。

娘さんはこれを『魔法』と呼び、ケンカしている友達の仲介に入って仲直りさせているのです。

この投稿を見た人からは、娘さんの魔法に「心が温まった」などの反響が上がっていました。

・素敵。いつまでもその気持ちを忘れないでほしい!

・言葉の魔法いいですね。心が温まります。

・天使!素晴らしい魔法使いですね。

・泣けるね。大人も見習いたいです。

誰も傷つけずに、みんなが平和で幸せになれる娘さんの言葉は『魔法』といえるでしょう!

[文・構成/grape編集部]

出典 @joymanjoyman

関連リンク

  • 11/30 15:55
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 快盗百面相

    12/7 17:10

    この魔法が世界で共通に使えればいいんだけどね。

記事の無断転載を禁じます