路上で一緒に保護された1匹の犬と5匹の子猫 人々が感動した理由とは

拡大画像を見る

寒さが厳しい11月のカナダ・オンタリオ州で、1匹のメス犬と5匹の子猫が動物保護シェルターに保護されました。

6匹が道路脇にいたところを通りがかった親切な人が見つけ、『ペット・アンド・ワイルドライフ・レスキュー』に連絡したのだそう。6匹が見つかった時の状況が、多くの人たちの心を温かい気持ちにさせています。

Posted by Pet and Wildlife Rescue on Saturday, November 16, 2019

6匹が見つかった時、メス犬が子猫たちを寒さから守るため、自分の体で温めていたのです。

Posted by Pet and Wildlife Rescue on Saturday, November 16, 2019

この心優しい犬はシェルターで『セレニティ(うららかさ)』という素敵な名前を付けてもらいました。年齢は2歳ほどということです。

シェルターのFacebookにセレニティと子猫たちのことが投稿されると、たくさんのコメントが寄せられました。

・なんて優しくて美しい犬なのかしら。どうか6匹全員がハッピーエンドになりますように。

・心が温かくなった。この犬が飼い主と再会できてほしいと思うのと同じくらい、この子の里親になりたい。

・私たち人間もこんな美しい動物たちのようにあるべきだわ。

さらにシェルターには「この犬の里親になりたい」という問い合わせが続々と寄せられているといいます。

子猫たちはもう少し成長するまで、一時的な世話をするフォスターファミリーに預けられることになりました。

そしてセレニティはすでに里親の募集が始まり、2019年12月初めに避妊手術を受けた後、新しい家族の元に引き取られる予定だということです。

Posted by Pet and Wildlife Rescue on Friday, November 22, 2019

オンタリオ州の11月の平均気温は最高で7℃前後、最低気温は氷点下になる日もあります。

セレニティと子猫が一緒に捨てられたのか、それとも偶然出会ったのかは分かりません。しかしもしセレニティが子猫たちを温めていなかったら、彼らは命を落としていたかもしれません。

まだ若いセレニティですが、きっと本能的に「赤ちゃんを守らなくては」という母性が働いたのでしょう。

「子猫たちを守って偉かったね」とセレニティをたくさん褒めてあげたくなりますね。

[文・構成/grape編集部]

出典 Pet and Wildlife Rescue

関連リンク

  • 11/27 15:25
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

26
  • 脱走兵

    12/7 22:23

    そうか。俺はラブラドール年齢で言うと2歳なのか。どっかで使えるかな?

  • ムラなく全文をしっかり理解する事と 目にとまった部分だけ理解したいように理解する事とは 違うでしょ って話  そんなもん 論文だろうがネットニュース記事だろうがシェイクスピアだろうが京極夏彦だろうが 関係ないです  ブームの仕掛人だってやってる事はおんなじだよね のくだりはちょっと同意です(笑)

  • トリトン

    12/3 12:29

    アメリカは7割バカしかいないからくだらん論文もチャンスになるけど日本はアメリカほどレベル低くないからな外国かぶれがありがたがるからなクソまずいファーストフードも日本なら無理やりブームにされるからな。

記事の無断転載を禁じます