嵐・相葉雅紀はGACKTや鈴木雅之に激似!? 思わぬ才能に大興奮

拡大画像を見る

 11月16日に放送された『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)で、嵐の相葉雅紀(36)が有名芸能人たちのモノマネを披露したことが話題になった。今回、番組に原口あきまさ(44)やホリ(42)らモノマネ芸人たちのユニット“変人”がゲストとして登場し、さまざまな持ちネタを披露した後、相葉にモノマネのコツを伝授した。

 芸人たちは相葉の「鼻声」に注目、板東英二(79)の声モノマネを提案。そこでホリが「僕は鼻が詰まってるから」とダミ声で見本を見せると、すぐさま相葉も挑戦。見事なモノマネを披露し、「相葉くん、聞いたらすぐできるタイプ!?」と原口を驚かせた。続けて布袋寅泰(57)、ロバートの秋山竜次(41)の声モノマネにも挑み、「似てる!」「そのままロバート入れるわ」と、芸人たちから高評価を受けていた。

 次に相葉は、小道具を使っての顔まねにもチャレンジ。相葉が似ていると言われることもあるというGACKTのモノマネを提案され、茶髪のウィッグと色の濃いサングラスを装着し、レクチャーされるままに顎を上げ、歯をむき出しにしにしてカメラを睨みつける相葉に、原口は「すげえ似てるじゃん!」と大興奮。さらにつけヒゲとパーマのウィッグをかぶって鈴木雅之(63)のモノマネを披露。角度などを調整しながらモニター越しに自分の姿を見た相葉は「本当だ! 似てる」「コンサートでやろうかな」と自画自賛していた。

 相葉のモノマネは視聴者からも「相葉くんがGACKTのモノマネしてて超似てんのびっくりする」「ロバート秋山のモノマネ、クセが強くてめっちゃウケる」「ちょこちょこ似てる」「相葉くんの振り幅スゴいw」「ほんと器用な人」「コンサートでやってやって~!!」「葉くんのモノマネポテンシャルがハンパなくて腹痛い」と、大好評だった。

 プロの指導で、相葉の眠っていた才能が開花!?

関連リンク

  • 11/23 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます