キンプリ、ジャニーズグループ初受賞に喜び「ありがたい気持ちでいっぱい」

拡大画像を見る

アイドルグループのKing & Princeが、今年、圧倒的に輝いた男性を表彰する「GQ MEN OF THE YEAR 2019」に選出され21日、都内で行われた授賞式・記者発表会に出席した。ジャニーズのグループが同アワードを受賞するのは今回が初めて。

男性向けファッション・カルチャー誌『GQ JAPAN』が選出する同賞は、生き方、仕事、スタイルにおいて、読者をインスパイアし、各分野において圧倒的な活躍を見せた男性に贈る賞。今年で14回目となる。

King & Princeは、ポップ・アイコンズ・オブ・ザ・イヤー賞を受賞。岸優太は「このような素敵な賞をいただけて、うれしい気持ちでいっぱいです。ジャニーズグループ初と聞きまして、ありがたい気持ちでいっぱいです」と喜びを語った。

続けて、「この賞をいただけたのは、いつも応援してくださる僕たちのティアラ(ファン)のみなさん、そして僕たちを支えてくださるスタッフの方々のおかげだと思っています」と感謝し、「現状に満足せず、僕たちの夢である世界進出を胸に、今後とも精進して参ります」と誓った。

14回目となる今回は、King & Princeのほか、五十嵐カノア(プロサーファー)、石原良純(俳優・気象予報士)、賀来賢人(俳優)、草刈正雄(俳優)、kemio(Youtuber)、霜降り明星(漫才師)、ムロツヨシ(俳優)、横浜流星(俳優)、田村優、トンプソン・ルーク、松島幸太朗、リーチ・マイケル(ラグビーW杯2019日本代表)が受賞。松島とリーチは授賞式・記者発表会を欠席した。

関連リンク

  • 11/21 17:35
  • マイナビニュース

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます