カイコを糸にしたくなかった小学生 お道具箱に隠して… ラストに、涙

拡大画像を見る

入江弥彦(@ir__yahiko)さんは、小学校の授業で『カイコ』を飼育した思い出をtwitterに投稿。繊細な子供心をつづったエピソードは、多くの人の心に響きました。

反響を呼んだ、ツイート全文をご紹介します。

カイコの思い出

カイコってご存知でしょうか。シルクを紡いでくれる虫です。

小学校低学年のときにカイコをクラスで育てて糸を取る授業があったんです。

カイコの幼虫って白くてつるつるで可愛くて、そのあまりの可愛さから夏休みは全部連れ帰って育てる係に立候補しました。

虫が苦手な母は突然現れたクラス全員ぶんの幼虫に卒倒しそうになりながら「かわいいねえ」って言ってくれたんですけど、相当無理してたと思います。ごめんね。

夏休みの間、カイコが食べる桑の葉を毎日取りに行って、それはそれは大切にお世話をして育ててたんですよ。

夏休み明けに学校に連れていったカイコは徐々に繭になっていきました。

カイコが繭を破って出てきてしまうと糸が綺麗にとれないので、中に入っているうちに茹でてしまいます。

それで先生が「明日茹でます」なんていうものだから、辛くて繭をひとつだけお道具箱の中にかくまったんですよ。

翌日の家庭科室でした。クラスメイトが気持ち悪いと笑って騒ぎながら、私が大切に育てたカイコの繭を茹でていてですね。どういう気持ちだと言えばよかったのでしょう。

いやね、とれた糸はすごく綺麗でしたよ。そりゃもう綺麗でした。まだ家にあります。でもきっと、大半の人は捨てたはずです。

しばらくして、お道具箱の中に匿った繭からカイコガがでてきたんです。ふわふわで可愛くて、天使みたいな虫。

自然に逃がしてあげようと思っていたんですけど、カイコガって飛べないんですよね。餌も食べられないんです。

その時の私はそんなこと知らなくて、育て方が悪かったのかなとか仲間がいないからかなとかすごく悩みました。

結局、そのカイコガは私のお道具箱の中で死んでしまったのですけれど、そうなるのならあのときに仲間と一緒に茹でて、綺麗な糸にしてあげれたほうがよかったのかもしれません。

どうするのが正解だったのかは、いまだによくわかりません。

@ir__yahiko ーより引用

カイコは、人間が絹糸を作るために品種改良をした、自然では生きられない虫です。

成虫になったカイコガは、自分で飛ぶこともできず、交尾を終えると、ほとんどがすぐに死んでしまいます。

大切に育てたカイコが美しい糸になるのを見届け、カイコガの最期も見守った投稿者さん。

その儚い一生を目の当たりにし、言葉でいい表せないほどの、さまざまな感情を抱いたことでしょう。

【ネットの声】

・国語の教科書にのっていそうなほどの、きれいで切ないお話。

・子供の頃、家で養蚕をしていたので気持ちが分かります。母や祖母は「綺麗な糸になってね。ありがとう」って送り出していました。

・優しい、素敵なエピソードをありがとうございます。

・感受性豊かな文章に心打たれました。貴重な経験をされましたね。その思い出を大切にしてください。

普段何気なく着ている衣類や、口にする食べものなど、人間の生活は多くの命によって支えられています。

そうした生きものたちへの感謝の気持ちを、忘れずにいたいですね。

投稿全文

[文・構成/grape編集部]

出典 @ir__yahiko

関連リンク

  • 11/20 17:04
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

4
  • うちの実家も、私が生まれる前に蚕飼ってたらしい。

  • まる☆

    11/22 12:49

    人が糸をとるために改良して作った家畜だから飛べないし食べる口もない。生き物として考えると切なくなりますね

  • エッコ

    11/21 20:58

    小学生の頃、母親に養蚕場に見学に連れて行かれそこで蚕を貰って夏休みの研究&工作をしなさいと強制的にやらされた。無理強いされたので最初は嫌だったけど、一生懸命糸を吐いて段々小さくなっていく姿みてたらなんだか愛着が湧いた。ああいう幼虫的なフォルムは基本的に苦手だが、飼った経験から蚕はなんだか可愛く思える。

記事の無断転載を禁じます